Posted at

nteractでIRuby kernelを動かす

More than 1 year has passed since last update.

環境: OSX El Capitan 10.11.6


nteractとは


  • ブラウザとJupyter notebookが一体になったもの

  • ネイティブアプリとして動作



    • *.ipynbをダブルクリックすると、ウィンドウが立ち上がる



スクリーンショット 2016-11-23 21.29.38.png

Jupyterカーネルがあればなんでも動くとのことなので、この文章ではIRubyを動かして見ようと思います。


インストールの手順


nteractのインストール

githubのReleasesからnteractをインストールする。


IRubyカーネルのインストール

$ gem install iruby rbczmq

$ iruby register --force

詳しくはこちら:Mac で IRuby Notebook 環境を構築する方法 (2016年度版)


IRuby kernelの設定

$ jupyter kernelspec install --user ~/.ipython/kernels/ruby

↑ nteractがカーネルを認識するのに必要。


使い方


  • nteractのメニューから、 File -> New -> Ruby で新しいノートブックが起動

  • Finderなどから*.ipynbファイルをダブルクリックで既存のノートブックが起動


所感


  • IRuby kernelではシンタックスハイライトが動かないので致命的に見づらい

  • React.js周りでエラーが出て、既存のIRuby notebookが動かないことがあった

以上のことから、少なくともIRuby使いにとっては、実戦投入はまだ早いと思われます(まだ$\alpha$版だし)。


参考