Mac で IRuby Notebook 環境を構築する方法 2016年版

  • 10
    いいね
  • 2
    コメント

どみとりさんのqiitaエントリ
に説明を加え、タイトルの方法をまとめます。
Mac OS X El Capitanで確認をしていますがこれより前のOS Xにも適用できると思います。

大きく分けて
1. Ruby のインストール
2. Jupyter Notebook のインストール
3. IRuby と rbczmq のインストール
のインストールを行う必要があります。

Ruby のインストール

  • MacデフォルトのRubyやhomebrewのRubyは使わないでください。
  • rbenv を用いてRubyの最新リリースをインストールします。
  • rbenv はhomebrewを用いてインストールします。(ついでに後述のrbczmqのインストールなどに必要なツールもhomebrewでインストールします。)

rbenv などのインストール

brew install rbenv automake gmp libtool wget

rbenv を用いたRubyのインストール

まずシェルの設定ファイル(.bashrcなど)に eval "$(rbenv init -)" を追加してください。
その後下記のrbenvコマンドでRubyをインストールします。

rbenv install 2.3.1
rbenv global 2.3.1
source ~/.bashrc

これでRubyのインストールは完了です。

Jupyter Notebook のインストール

下記で python コマンドを用いますが、これにはデフォルトで入っている /usr/bin/ 下のものを用いて下さい。

wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
/usr/bin/python get-pip.py --user
~/Library/Python/2.7/bin/pip install -U --user jupyter

IRuby と rbczmq のインストール

IRubyだけでなく RubyとJupyterをつなぐRuby用zeromqライブラリのインストールも必要です。

gem install iruby rbczmq

最後に IRuby kernelのインストールとJupyter Notebook の起動

iruby register
~/Library/Python/2.7/bin/jupyter-notebook

記述を省いたはまりどころ、ノウハウも存在します。
(例えば @mrkn さんのrbczmq の幾つかのインストール方法)
もしお困りごとがあれば scirubyのslackチームで気兼ねなく聞いてください