Mac で IRuby Notebook 環境を構築する方法 2017年版

  • 7
    いいね
  • 0
    コメント

http://qiita.com/kozo2/items/4bfbc9524b302b06710b
のMac版です
と同時に
http://qiita.com/kozo2/items/7ffc1704a72a28d7e21f
の2017年版です.

Ruby のインストール

brew install rbenv automake gmp libtool wget
rbenv install 2.4.0
rbenv global 2.4.0
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

Jupyter Notebook のインストール

Anacondaを使います.
JupyterとIRubyは独立しています.(同じzeromqを使っていないといけない,とかそういうことはありません)

Jupyterの(~/.jupyertもしくは~/.ipython下の) kernel設定ファイルに対してこの後の「Jupyter Notebook用Ruby kernelの登録」
が正しく行われてさえいれば,Jupyterは何を使ってinstallしてもらっても構いません.

wget https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-4.3.0-MacOSX-x86_64.sh
bash Anaconda3-4.3.0-MacOSX-x86_64.sh
# 基本デフォで回答。下記ではホーム下にインストールしたと仮定し、PATHを追加しなくても動作するようにフルパス書いてます

zeromq, czmq, cztopのインストール

今のところcztopにはzeromq, czmqの先端版が必要なので --HEAD オプションを忘れずに

brew install zeromq --HEAD
brew install czmq --HEAD
gem install cztop

IRuby のインストールとJupyter Notebook用Ruby kernelの登録

リリース版にはcztop supportがまだ入ってないのでspecific_installします

gem install specific_install
gem specific_install https://github.com/SciRuby/iruby.git
iruby register --force #~/.jupyterもしくは~/.ipython下にiruby kernel設定が既にあれば上書きします

IRuby Notebookの実行

~/anaconda3/bin/jupyter-notebook

あとは新規Notebookの作成時にRubyのkernelを選択すればOKです.