Mac + Windows + VisualStudio CodeでPythonの開発環境を整える(Mac版)

More than 1 year has passed since last update.

知り合いと、PythonでWebアプリを開発することになったので、備忘録的にメモ。

同様な記事でWindows版の記事があります。(Windows版記事)

メンバーの所有PCがMacやWindowsの複数環境のため全員が無料で利用できるように、下記環境で作成する。

とりあえず、VSCODEでインテリセンス・デバッグ実行までは作成する。


開発環境(確認済)

・IDE

  VSCode バージョン1.8.1
・言語
  Python3
  Django 1.10.4
・OS
  Mac OS Sierra

※OSは確認取れ次第増えます


環境作成

こちらの記事を参照にして作業をしています(多謝)

Python Django入門 (1)

Python Django入門 (2) Mac編

Python Path and Version

pythonVSCode some virtualenv issues #148

Troubleshooting Intellisense Autocompletion


Mac版


1.XCODEのインストール


 ア.App StoreよりXcodeのインストール


 イ.Command Line Toolsのインストール

  $ xcode-select --install

上記コマンドでインストールします。


2.Python3のインストール

Pythonの2系はデフォルトでインストールされているが、3で開発予定だったので3のインストール


 ア.HomeBrewのインストール

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

上記コマンドでインストール


イ.Python3のインストール

$ brew update

$ brew info python3
python3: stable 3.6.0 (bottled), HEAD
$ brew install python3

下記のコマンドでバージョンが確認できる

$ python3 -V 

Python 3.6.0


3.virtualenv、virtualenvwrapperのインストール

virtualenvは開発環境ごとにPythonの仮想環境を作成するツールなのでインストールします。


 ア.仮想環境用のディレクトリを作成します

$ cd

$ mkdir Develop
$ cd Develop
$ mkdir Sandbox
$ cd Sandbox
$ mkdir Python

作成するディレクトリの位置は個人の好みで良いと思います。


 イ.pipとvirtualenv、virtualenvwrapperをインストール

$ cd

$ sudo easy_install pip
$ sudo pip install virtualenv virtualenvwrapper --ignore-installed six


 ウ..bashrcファイルの修正(無い方は新規作成)


.bashrc

export WORKON_HOME=$HOME/Develop/Sandbox/Python

export VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON=/usr/bin/python
source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh

WORKON_HOMEは仮想環境が作られるデフォルトのフォルダの指定になります。

VIRTUALENVWRAPPER_PYTHONはVirtualenvwrapperをインストールしたPythonへのパスになります。


 エ..bash_profileに.bashrcを読み込む設定を追加


.bash_profile

if [ -f ~/.bashrc ]; then

. ~/.bashrc
fi


 オ..bash_profileを読み込み

$ source .bash_profile


4.仮想環境の構築

$ mkvirtualenv --no-site-package --python /usr/local/bin/python3 env1

---pythonでインストール済みのpython3を選択

--no-site-packageでペーストなるpythonのsite-packageを利用しないように設定

上記コマンド後、に仮想環境利用中になるためコマンドラインが、(env1) $ みたいな表示になる


5.djangoのインストール

(env1) $pip install django==1.10.4

(env1) $pip freeze -l
Django==1.10.4


6.開発用のサイトを作成

(env1) $ cd

(env1) $ cd Develop
(env1) $ mkdir PythonSites
(env1) $ cd PythonSites
(env1) $ django-admin.py startproject myTestSite

開発フォルダは自分の好みにしてください。

上記では、(ユーザーディレクトリ)/Develop/PythonSites/myTestSite ができあがります。


7.Visual Studio Codeのインストール


 ア.パッケージをダウンロードしてインストール

Visual Studio Codeからダウンロードしてインストール


 イ.拡張機能をインストール

表示>拡張機能から Pythonと入力して、Pythonをインストール(Don Jayamanneさんのやつです)

スクリーンショット 2017-01-09 13.35.37.png


 ウ.コマンドラインから起動できるように変更

表示>コマンドパレット に shellと入力して codeで起動できるように設定

スクリーンショット 2017-01-09 13.40.27.png

※アンインストールでは無くて、インストールですよ


8.Visual Studio Codeの起動、設定


ア.VsCodeの起動

 $ cd

$ cd Develop/PythonSites/myTestSite
$ workon env1
(env1) $ code .

上記ログイン方法を行わないと、デフォルトの仮想環境の設定その他が狂うので注意

※コマンドファイルにしてしまっても良いかもしれません。


イ.workspace定義の追加


setting.js

// 既定の設定とユーザー設定を上書きするには、このファイル内に設定を挿入します

{
"python.pythonPath": "${env.PYTHONPATH}/env1/bin/python",
"python.linting.pylintEnabled": false,
"python.linting.pep8Enabled": true
}

主にインテリセンスを効かせるために設定します。ファイルの位置は、

Code>基本設定>ワークスペースの設定です。このワークスペースを開いたときのみ設定されます。

※pylintとpep8の設定は身内のために記載しているので不要です。


ウ.デバッグ機能の設定

取りあえず、ひな形ファイルを作るために、左のメニューからデバッグアイコンをクリックして、無理矢理デバッグ実行してください。

※Pythonを選んでね!

その後、launch.jsonが出来るかと思うのでそれを編集


lounch.json

        {

"name": "Django",
"type": "python",
"request": "launch",
"stopOnEntry": true,
"pythonPath": "/Users/userName/Develop/Sandbox/Python/env1/bin/python3",
"program": "${workspaceRoot}/manage.py",
"cwd": "${workspaceRoot}",
"args": [
"runserver",
"--noreload"
],
"debugOptions": [
"WaitOnAbnormalExit",
"WaitOnNormalExit",
"RedirectOutput",
"DjangoDebugging"
]
},

PythonPathの項目のみ触ればOK、仮想環境へのパスを通してください。


9.Mac版終わり

ここまでやれば、インテリセンスも

スクリーンショット 2017-01-09 14.05.09.png

デバッグ実行も

スクリーンショット 2017-01-09 14.07.00.png

動くはず(タブン)