ブロックチェーンの専門家100人に入るPaolo
tasca氏が
「LinkerCoinICO」の諮問委員に

ブロックチェーンの専門家100人に入るPaolo tasca氏が 「LinkerCoinICO」の諮問委員に

KakaoTalk_20171219_112247856.jpg
ブロックチェーンの技術専門家、パオロタスカ(Paolo Tasca)博士(UCL:University College London経済学教授)が、全世界仮想貨幣を繋げる(Network of Netowkrs)LinkerCoinのICOを国際的に飛躍させるために、諮問委員として活動を宣言した。
パオロタスカ教授が諮問委員として活動することにしたLinkerCoinのICOは、1次プレセールをわずか10秒で終了したことに加え、2次、3次プレセールをすべて早期で締め切りにさせたことなどから韓国で最も注目されているICOである。LinkerCoinは仮想通貨にネットワークを接続させ、「ネットワークのネットワーク」を構築することが目的である。ネットワークに(実際の貨幣、仮想通貨、ICOで作られた仮想通貨など)が接続されるということは「相互取引可能」を意味し、この機能は、「Linker」によってサポートされる。
「Linker」とは、仮想通貨市場、金融市場、電子商取引市場などの数々の経済NetworkをLinkerCoinのNetworkと「相互取引可能」に接続させてくれるシステムの集合体である。LinkerCoinの強みは、コアメンバーが金融工学に基づくシステムトレーダーとマーケットメーカーたちが取引所を管理することによって流動性の供給に優れた経験と能力を持っている点だ。これらの強みをもとに非中央集権型取引所、準非中央集権型取引所、集中交換、マーケットメーカー、流動性プロバイダー、トレーディングシステム、電子商取引システムからなる「Linker」を開発し、仮想通貨の世界で競争力を確保しようとしている。
つまりLinkerシステムというのは、単なる取引所の導入を超え、現実的なネットワーク間の「相互取引可能」が実現されるようにマーケットマーカーと流動性プロバイダーのインセンティブ制度を導入して流動性を供給するというものだ。
ブロックチェーンの分野で最も影響力のある専門家
ところでLinkerCoinの諮問委員として活動することにしたタスカ教授はブロックチェーンの分野で最も影響力のある専門家の100位以内に入るデジタル経済学者である。タスカ教授はP2P金融システムの専門フィンテック(FinTech)経済学者であり、EU議会と国連をはじめとする様々な国際機関のブロックチェーンの技術顧問として活動している。また、University College LondonのBlockchain Technologies(UCL CBT)センターの創設者兼エグゼクティブ・ディレクターである。
タスカ博士はUCL CBT執行取締役として、ブロックチェーンの技術の応用分野に関する様々な研究プロジェクトに直接参加しており、LinkerCoinの諮問委員として海外有数の大学や研究機関とのコラボレーションなど、LinkerCoinのグローバル進出に大きな役割になると期待されている。LinkerCoinの共同創設者であるJohnMunは「タスカ教授の豊富なマーケットメーキング経験もLinkerCoinの強みの一つだ。彼はマーケットメーキングに大きな相乗効果を起こし、LinkerCoinのプロジェクトの今後の歩みに大きな助けになるだろう」とコメントしている。
ICO期間中に上場することは韓国におけるICOでは異例のことだがLinkerCoinはクラウドセール期間中にイーサデルタに上場され、参加者の大きな注目を集めている。ロードマップに記載されていた12月末の上場を実現し、現実的に可能性のあるICOプロジェクトであることをもう一度証明した形だ。Aris Skliros共同創設者は「LinkerCoinのプロジェクトは短い期間で実現可能なプものにすることが重要な課題だったが、ロードマップに明示した通りに上場までの期間を短縮し、参加者に信頼感を与えたかった」とコメントしている。
透明性と信頼性の高いICOで評判になっているLinkerCoinはイーサデルタに上場することで信頼性をさらに強調し、今後のプロジェクトに対する期待感を高めている。LinkerCoinはまたプレセールとクラウドセール期間中のウォレット情報をイーサスキャン(EtherScan)で公開し、多段階の報奨金制度や供給量の消化機能の拡大、参加者の保護(FOUNDER&ADVISOR&PARTNER&TEAMにトークン支払日から1年間適用)まで、参加者の側に立って、透明性と信頼感に基づいてICOを進め、多くの関心を受けている。
LinkerCoinのNetworkと「相互取引可能」に接続させてくれるシステム
ブロックチェーンの技術専門家、パオロタスカ(Paolo Tasca)博士(UCL:University College London経済学教授)が、全世界仮想貨幣を繋げる(Network of Netowkrs)LinkerCoinのICOを国際的に飛躍させるために、諮問委員として活動を宣言した。
パオロタスカ教授が諮問委員として活動することにしたLinkerCoinのICOは、1次プレセールをわずか10秒で終了したことに加え、2次、3次プレセールをすべて早期で締め切りにさせたことなどから韓国で最も注目されているICOである。LinkerCoinは仮想通貨にネットワークを接続させ、「ネットワークのネットワーク」を構築することが目的である。ネットワークに(実際の貨幣、仮想通貨、ICOで作られた仮想通貨など)が接続されるということは「相互取引可能」を意味し、この機能は、「Linker」によってサポートされる。
「Linker」とは、仮想通貨市場、金融市場、電子商取引市場などの数々の経済NetworkをLinkerCoinのNetworkと「相互取引可能」に接続させてくれるシステムの集合体である。LinkerCoinの強みは、コアメンバーが金融工学に基づくシステムトレーダーとマーケットメーカーたちが取引所を管理することによって流動性の供給に優れた経験と能力を持っている点だ。これらの強みをもとに非中央集権型取引所、準非中央集権型取引所、集中交換、マーケットメーカー、流動性プロバイダー、トレーディングシステム、電子商取引システムからなる「Linker」を開発し、仮想通貨の世界で競争力を確保しようとしている。
つまりLinkerシステムというのは、単なる取引所の導入を超え、現実的なネットワーク間の「相互取引可能」が実現されるようにマーケットマーカーと流動性プロバイダーのインセンティブ制度を導入して流動性を供給するというものだ。
ところでLinkerCoinの諮問委員として活動することにしたタスカ教授はブロックチェーンの分野で最も影響力のある専門家の100位以内に入るデジタル経済学者である。タスカ教授はP2P金融システムの専門フィンテック(FinTech)経済学者であり、EU議会と国連をはじめとする様々な国際機関のブロックチェーンの技術顧問として活動している。また、University College LondonのBlockchain Technologies(UCL CBT)センターの創設者兼エグゼクティブ・ディレクターである。
タスカ博士はUCL CBT執行取締役として、ブロックチェーンの技術の応用分野に関する様々な研究プロジェクトに直接参加しており、LinkerCoinの諮問委員として海外有数の大学や研究機関とのコラボレーションなど、LinkerCoinのグローバル進出に大きな役割になると期待されている。LinkerCoinの共同創設者であるJohnMunは「タスカ教授の豊富なマーケットメーキング経験もLinkerCoinの強みの一つだ。彼はマーケットメーキングに大きな相乗効果を起こし、LinkerCoinのプロジェクトの今後の歩みに大きな助けになるだろう」とコメントしている。
ICO期間中に上場することは韓国におけるICOでは異例のことだがLinkerCoinはクラウドセール期間中にイーサデルタに上場され、参加者の大きな注目を集めている。ロードマップに記載されていた12月末の上場を実現し、現実的に可能性のあるICOプロジェクトであることをもう一度証明した形だ。Aris Skliros共同創設者は「LinkerCoinのプロジェクトは短い期間で実現可能なプものにすることが重要な課題だったが、ロードマップに明示した通りに上場までの期間を短縮し、参加者に信頼感を与えたかった」とコメントしている。
多段階の報奨金制度や供給量の消化機能の拡大
透明性と信頼性の高いICOで評判になっているLinkerCoinはイーサデルタに上場することで信頼性をさらに強調し、今後のプロジェクトに対する期待感を高めている。LinkerCoinはまたプレセールとクラウドセール期間中のウォレット情報をイーサスキャン(EtherScan)で公開し、多段階の報奨金制度や供給量の消化機能の拡大、参加者の保護(FOUNDER&ADVISOR&PARTNER&TEAMにトークン支払日から1年間適用)まで、参加者の側に立って、透明性と信頼感に基づいてICOを進め、多くの関心を受けている。
LinkerCoinはイーサデルタへの上場のほか、独自の取引所コインエックス(CoinX)からも上場される予定である。コインエックスは、LinkerCoinの財団で運営している韓国の取引所であり、コインエックス以外にも、世界の至る場所に国際取引所「ビットナル(BitNaru)」も設立している。
 デリバティブ専門取引プラットフォームである国際取引所ビットナルは、コインエックスとともに分散化取引所(DEX)を実現させることで相乗効果を発揮し、仮想通貨取引のネットワークへの成長を目指している。このため、2018年から順次、インド、欧州(エストニア)、日本にグローバル仮想通貨取引所を順次オープンし、運用範囲を拡大する予定である。
仮想通貨取引のネットワークであるコインエックスは、現在、限定的にオープンベータで運営しており、正式なオープンに先立って、参加者の意見を吸収してサービスの改善に努めている。同時に「プレ投資大会」を行なっており、賞金は最大3,000LinkerCoinにものぼっている。
 LinkerCoinは12月31日までICOを行っている。詳細についてはLinkerCoinのホームページで確認することができる。