Edited at

コンテンツブロッカー設定がWebViewの異常動作の原因になることがある

対応に地味に時間がかかったので、備忘録として。


TL; DR


  1. コンテンツブロッカーで強力なブロック設定をされると、JavaScript(JS)無効化と同等の状態になることがある


  2. SFSafariViewControllerもその影響を受けるため、異常動作の原因になる


経緯



  1. SFSafariViewcontrollerを利用している画面での不具合について問い合わせがあった

  2. 設定アプリ内でJSが無効化1されていると当該事象が発生することを確認

  3. 対処方法を案内したところ、無効化設定はしていないとの回答

  4. 各種設定の変更を試した結果、コンテンツブロッカーで強力なブロック設定(※)をしていると、JS無効化時と同様の事象が発生


  • ※: Firefox focus2(v8.1.2)の場合、環境設定 > トラッキング防止 > 他の追跡コンテンツをブロック


    • 画面内一番下の項目でデフォルトでオフ。さらに、オンにする際は正常に表示できなくなる危険性を伝えるアラートが出る




対応

このケースの場合、対応はコンテンツブロッカーの無効化をお願いすることのみ

ただし、方法は2通りある


  1. コンテンツブロッカーの設定を一時的に変更してもらう


    • 対象となる項目は使用しているものにより異なるが、JS無効化と同等の状態になるような設定は上述の通り比較的深い階層にある



  2. ページを表示中にリロードボタン長押し > 「コンテンツブロッカーなしで再読み込み」 をタップ

    IMG_5364.png

画面が1ページしかないような場合には後者の方法が簡便だが、複数ページに渡るような導線の場合には、前者の方法での対応が良いと思われる


参考





  1. 設定 > Safari > 詳細 > JavaScript をオフ 



  2. https://apps.apple.com/jp/app/id1055677337