Edited at

Q# 開発環境の構築とサンプル実行

More than 1 year has passed since last update.


Q#とは

 量子コンピューティング用のプログラミング言語であり、2017年にマイクロソフトによって実装されました。Quantum Development Kitに含まれており、開発環境としてVisual Studioを利用できます。


Quantum Development Kit(QDK)とは

 Microsoftから公開された量子コンピューター向けの開発キットです。キットには以下のものが含まれています。


  • プログラミング言語「Q#」

  • 量子コンピューティングのシミュレータ

  • サンプルやライブラリなどのリソース


前提条件

 最低限以下の要件を満たしている必要があります。


  • AVX拡張命令セットに対応したCPU

  • Windows 64ビット環境

(ここではWindows環境を前提にしていますが、QDKダウンロードサイトにはfor macOS and Linuxがあるのでこれらの環境でも可能だと思います。)


環境構築


1.VisualStudio2017のインストール

 ここでは、学生や個人の開発者向けであれば無料で使用できるVisual Studio Community 2017を使用します。VisualStudioダウンロードサイトからダウンロードしてインストールしてください。

※注意:インストール時のワークロード選択画面で、「ユニバーサルWindowsプラットフォーム開発」と「.NETデスクトップ開発」の2つに必ずチェックをつけてインストールしてください。


2.Quantum Development Kitのインストール

 QDKダウンロードサイトより、"Download for Windows"をクリック。

 クリックすると下のようなページに移動するので、さらに"Download"をクリックすると、"QsharpVSIX.vsix"のDownloadが始まります。

 Downloadが完了したら、"QsharpVSIX.vsix"を実行してインストールしてください。

 以上で環境構築は完了です。


サンプル実行

 GitHub Microsoft/QuantumのリポジトリをCloneやDownload ZIPなど任意の方法でDownloadして、VisualStudio2017のファイル > 開く > プロジェクト/ソリューションから"QsharpLibraries.sln"を開いてください。

 開いたら下図のように、ソリューションエクスプローラー > Samples > 0.Introduction > TeleportationSample で右クリック > スタートアッププロジェクトに設定 をクリックして設定してください。

設定後はソリューションを実行(F5)で実行するとテレポーテーションのサンプルが実行され、図のような結果がでれば成功です。(True or Falseは実行タイミングによって異なりますので気にしなくてOKです。)


まとめ

 特に複雑な設定もなく、インストーラーに従うだけで環境を構築することができました。みなさんも是非お試しあれ。