Help us understand the problem. What is going on with this article?

Outsystems10から11にアップグレードしようとした話

想定読者

Outsystemsのインフラに関わっている方

自己紹介

入社して1年半が経ちました。
入社してすぐにOutsystemsを触り始めたので、もうOutsystemsとのお付き合いも1年半くらいになります。

Outsystemの基盤の構築から社内でのアプリ開発など、いろんなことをやってます。

【去年のOutsystems10の構築記事】
外資系の社内SEに転職して、Outsystemsと出会った(環境構築編)

はじめに

Outsystems10のサポートが2019年で終了すると聞き、弊社内ではOutsystems11に移行する流れになりました。

お付き合いとは難しいもので、お互いこのままじゃ上手くいかない部分があり、
彼女(Outsystems)の環境や状況が変われば、僕のほうもなるべくそれに合わせる動きをしなければなりません。
そんな中で起きたトラブルや落とし穴を共有できればと思います。

恋愛.png

弊社の構成

一部省略していますが、Dev,Uat,Stg,Prd,Lifetimeと一通りございます。
※線が薄かったりするのはご愛嬌でお願いします。
image.png

はじめにやったこと

Outsystems社の担当者の方にOS11のアップデートプランを提示し、ライセンスのレンタルをしました。

アップグレード方法としては、
現状稼働しているOS10の環境に影響を与えないようにするため、
OS10とほぼ同じ構成のサーバー群を作成し、それぞれOS11のパッケージとライセンスの適用をして並行稼動させます。
その後OS10の環境を削除して、OS11だけを残す方法です。

OS10のDBはクローンし、OS11で同期して利用しました。

image.png

落とし穴その1

Outsystems11からWindowsServer2016~の対応になりました。
今までWindowServer2012を利用していたため、
テスト的に、WindowsServer2012にOutsystems11を入れようと思ったら出鼻をくじかれました。
落とし穴というかノーマークでしたね、完全に。

資料:
OutSystems_system_requirements

image.png

落とし穴その2

ブレイキングチェンジ(OS10とOS11間での実装方法の変更)の対応に追われた。
メジャーアップデートともなると、変更点も多いためここは要チェックです。

資料:
OutSystems 11 side effects and breaking changes

image.png

落とし穴その3

DBクローンした際に既存のデータが残ってしまい、Lifetime等で不具合が発生した。
こちらはOutsystemsのチェックリストに書いてなかったので盲点でした。

資料:
Migrate an Environment Using a Database Clone

image.png

おまけ

Outsystems10では、TLSを1.2に上げることにより、ServiceStudioのNativePlatformが表示されなくなるみたいです。
資料のような設定をすればいけるみたいです。

:資料
(.NET) Enable SSL Protocols for your Integrations - TLS 1.1 and TLS 1.2

image.png

終わりに

なんやかんやで、
いろんな落とし穴がありつつも、その度に僕も変わることで彼女(Outsystems)との仲が深まっている気がします。
自分でわからないことは、彼女(Outsystems)の親(Outsystemsサポート)と話してみるのも1つの手だと思います。

また、下記のようにAIのChatbotができたり、WebアプリのUIのありかたが変わってきたり、
彼女(Outsystems)は僕が思っている以上のスピードで進化しています。

そんな彼女(Outsystems)にふさわしい男になりたいと思ったクリスマスでした。

OutSystems.AI Chatbot
(OutSystems)Reactive Web AppとTraditional Webの違い

image.png

クリスマスまであと6日!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした