Posted at

node.jsインストールしたが扱い方忘れたメモ

More than 1 year has passed since last update.

node.jsを以前インストールしましたが、扱い方を忘れてしまったので、今後同じことがないようにメモしておきます。


node.jsの概要

サーバーサイドのJavaScript実行環境。以下のメリットがある。

- 非同期処理を容易に実行できる。

- シングルスレッドで動作する。デッドロックが発生しない。多数の同時接続を処理することが可能。


node.js周りのツール


nodebrew

node.jsのバージョン管理ツール。nodebrewのインストールは下記コマンド。

設定ファイルの変更が必要。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup #nodebrewインストール

$ vi ~/.bash_profile #bash_profile変更
$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH #左記を加える

nodebrewのバージョン関連のコマンドは下記。

$ nodebrew -v #現在利用中のバージョンを確認

$ nodebrew use vx.x.x #利用するnodeのバージョンを指定
$ nodebrew ls #インストールされているnodeのバージョン一覧を表示

最新のnodeのバージョンを確認するためには下記。

$ nodebrew ls-remote

nodeをインストール。

$ nodebrew install stable #最新の安定版をインストール

$ nodebrew install-binary x.x.x #バージョン指定してインストール


nvm

Node Version Manager。node.jsのバージョン変更を容易にするツール。nodebrewと役割は同様。

nvmのインストールは、gitからホームディレクトリにnvmをcloneする。

$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

nvmのバージョン関連のコマンドは下記。

$ nvm --version

nvmの利用方法は下記記事を参照。

https://qiita.com/tanishi/items/f741e4bebfb6b6d470dc


npm

Node Packaged Modules。node.jsをインストールするとnpmも利用できるようになる。npmはローカルモード、グローバルモードでパッケージをインストールできる。


  • ローカルモードでは、カレントワーキングディレクトリのnode_modulesフォルダーにパッケージをインストールできる。所有者はカレントユーザ。

  • グローバルモードでは。rootが所有する{prefix}/lib/node_modules/にパッケージをインストールできる。所有者はrootユーザ。パッケージをグローバルにインストールするには sudo を利用する。

グローバルパッケージの一覧を表示するには下記コマンド。

$ npm list --global

npmのバージョン関連のコマンドは下記。

$ npm --version #現在利用中のバージョンを確認

$ npm -v #上記と同じ
$ npm install -g npm #npmのバージョンを上げる(npmでnpm自身をアップデート笑)

npmは他にも様々なコマンドがある。

$ npm i [パッケージ] #パッケージをローカルにインストール

$ npm i -g [パッケージ] #パッケージをグローバルにインストール
$ npm un [パッケージ] #ローカルパッケージをアンインストール
$ npm up #パッケージを更新
$ npm t #テストを実行
$ npm ls #インストールしたモジュールを一覧表示
$ npm ll #モジュールを一覧表示するとともに追加のパッケージ情報を表示
$ npm la #上記と同じ


nodeを利用開始

ターミナル起動直後ではnodeは利用できない。設定ファイルを実行する必要がある。

$ source ~/.bash_profile

ただ、設定ファイルを下記に書き換えれば、都度上記を実行せず済む。

$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH #変更前

#↓変更後
if [[ -f ~/.nodebrew/nodebrew ]]; then
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
nodebrew use v0.12.7
fi


nodeを起動

対話環境の立ち上げで簡単にnode実行を試してみる。

$ node #対話環境立ち上げ

> console.log("hello world");
hello world
> .help #使えるコマンドを参照
> .exit #退出

実際にjsファイルを作成し、実行するには下記。

$ node /<path>/app.js #jsファイルの実行

$ open http://localhost:3000/ #ブラウザ起動して確認する場合、例えば左記


まとめ

普段扱ってないとすぐ忘れてしまいます。。。

随時更新していければと思います。