Help us understand the problem. What is going on with this article?

【WPF】データグリッドにデータ可視化(Reveal)機能を組み込む!

はじめに

Revealとは

Reveal ダッシュボードをアプリケーションに組み込み

Reveal Embeddedは、アプリケーションに組み込み可能なデータ可視化SDKです。シンプルな価格体系、組み込みの容易さでアプリケーションの価値を最大限向上することができます。

この記事は

業務アプリケーションの画面のデータソースといえば、分かりやすいのはデータグリッドですね!
この記事では、WPF標準コントロールであるデータグリッドのコンテキストメニューからRevealを表示し、
Revealの画面では、グリッドのデータソースを参照してデータ可視化を可能にする仕組みを紹介します。

操作感は下記の"操作イメージ"を見てください!

操作イメージ

右クリック > コンテキストメニュー からRevealを表示しています。
Revealの"フィールド"の一覧に、データグリッドのカラム(列)が選択、データも表示出来てますね。

Capture.gif

Github

本記事のサンプルソースです。
https://github.com/furugen/Reveal-Samples/tree/master/1211-DesktopDemo
※RevalSDKのインストールが必要です。

グリッドへ組み込むコード

ビヘイビアを使い、たったの3行入れ込むだけでデータグリッドとRevealが連携できます。
※このビヘイビアのソースコードの解説は長くなるので、Githubをご参照くださいませ。。

MainWindow.xaml
        <DataGrid x:Name="dataGrid" AutoGenerateColumns="False">
            <!-- ここから -->
            <i:Interaction.Behaviors>
                <local:ShowRevealBehavior />
            </i:Interaction.Behaviors>
            <!-- こここまで -->
        </DataGrid>

アプリケーション全体にも適用可

本記事では個別のデータグリッドにビヘイビアを付与しましたが、
コントロールのスタイルとして設定すれば、全てのデータグリッドに本機能を組み込むことも出来ますよ。
(ちょっと一工夫必要ですが…!)

まとめ

本記事では、業務アプリケーションにとって身近なデータグリッドにRevealの機能を組み込んでみました!

Revealを表示する流れとしては、コンテキストメニューに組み込みポップアップ画面で表示する流れでしたが、
他にもタブで表示したり、横並びで表示したり、工夫次第で様々な見せ方が出来ますね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした