Windows
RubyMine

Rubymineの設定まとめ (Windows)

More than 1 year has passed since last update.


概要

Rubymineの設定について検索するとMacの設定が多く、Windowsの設定があまりHitしなかったので設定をまとめます。


初期設定


Git設定


前提条件


  • Windows版Gitがインストールされている


    • 方法1. Gitを入れる

    • 方法2. Cmderを入れる




設定方法

File -> Settings -> Version Control -> Git


  • インストールされたGit(ここでは C:\Program Files\Git\cmd\git.exe )を指定してOKを押す。


    • (SSH executableもいじった方が良いという記事もある)



image


ショートカット


  • Alt + 9


    • 変更分を一覧表示 (git status)



  • Ctrl + d


    • 選択したファイルのdiffを確認 (git diff)



  • Ctrl + Alt + a


    • git add



  • Ctrl + k


    • git commit



  • Ctrl + Shift + k


    • git push




Rspec設定


  • 前提条件


    • Rspecがコマンドで実行できるところまでは設定ができている



  • 設定方法


    • Run -> Edit Configurations... -> (「+」を押してRspecを選択)

    • 「Name」に適当な名前を入れる


      • 例) Test: blog



    • 「Spec script:」に実行するspecファイルのPATHを入れる


      • 例) C:\Users\ftakao2007\Desktop\blog\spec\controllers\articles_controller_spec.rb



    • Budlerを使っている場合は「Bundler」タブの「Run the script in context of the bundle (bundle exec)」にチェックを入れる

    • 「OK」を押す
      Rspec2.png




コーディング


ショートカット


  • Ctrl + /


    • 選択した行をコメントアウト



  • Ctrl + b


    • コードジャンプ



  • Alt + 4


    • コンソール画面の表示



  • Ctrl + Shift + f


    • grep



image


プレゼンテーションモード

プレゼンするときに利用


  • モードの利用


    • View -> Enter Presentation Mode



  • プロジェクトのメニュー表示


    • Alt + 1




コンソールの文字化け解消


  • Rubymineの実行ファイルがあるフォルダに「rubymine.exe.vmoptions」というファイルがあるので以下追記


    • 例) C:\Program Files (x86)\JetBrains\RubyMine 2016.2.4\bin\rubymine.exe.vmoptions

    • 「rubymine64.exe」を使っている場合は「rubymine64.exe.vmoptions」に追記


      • 設定を記載するファイルは後述の「idea.log」に出力される「-Djb.vmOptionsFile=」のPATHを確認すると確実です。





-Dconsole.encoding=UTF-8

-Dfile.encoding=UTF-8
-Dsun.jnu.encoding=UTF-8

char.png

様々な参考サイトを見て-Dconsole.encoding=UTF-8-Dfile.encoding=UTF-8 を入れたがそれだけでは解消しなかった。C:\Users\(Windowsのユーザ)\.RubyMine2016.2\system\idea.log を確認したところ、JVM Argsにオプションは設定されていたがJNU charsetがMS932となっていた。 -Dsun.jnu.encoding=UTF-8 を設定することでUTF-8となった。

JVM Argsにオプションが設定されているが、JNU charset : MS932ではコンソールに表示される日本語が化けてしまう。

01.png


2回Runを実行してプロセスが残ったときの対応

Railsを実行している状態で停止せずに再度実行してしまったとき、前のプロセスが残っているためにRailsが実行できなくなることがあります

image

この状態になると、サーバにログインして手動でプロセスをkillするしかないみたいなのですが、以下のようにするとRubymine上からkillできます

単純にCtrl + F2 or Runからstopで止まりました。。

image


Bundler


bundle installの実行

Tools -> Bundler -> Install

image

--path vendor/bundle を指定してInstall

image


Gemfileを指定して実行

--gemfile (Gemfile名) --path vendor/bundle を指定してInstall

image


Markdown

拡張子をmdにしてファイルを作成するとMarkdownのファイルとして認識してくれる

image


参考


Rubymineでpry-byebugを使う (非推奨)


  • 諸注意


    • 既存の環境が壊れる可能性がある操作が含まれます

    • とりあえず動いたレベルで、現状表示が化けたりします



Rubymineではブレークポイントを使ったデバッグ が一般的ですが今まで使い慣れたpry-byebugも使ってみたかったので設定してみました。Rubymineのブレークポイントを使ったデバッグをするために必要なgemライブラリ(ruby-debug-ideやdebase)が入っていると競合して実行時にエラーになることがあったので、 bundle installで既存とは別ディレクトリにgemライブラリをインストールしました。

### Gemfileにpry-byebugや関連のgemを追加

### debase, ruby-debug-ideがあればコメントアウト
================================================
#gem 'debase', '0.2.2.beta8'
#gem 'ruby-debug-ide', '0.6.1.beta2'

gem 'pry-rails'
gem 'pry-doc'
gem 'pry-byebug'
gem 'pry-stack_explorer'
gem 'rb-readline'
================================================

### bundle installを実行
[Tools] -> Bundler -> Install
Optional argumentsfor 'bundle install'
--path vendor/bundle_pry-byebug
と入れてInstallを押す

### Rubymineを立ち上げなおす

後はコードにbinding.pryと書いて通常の実行(※ デバッグ実行ではありません)すると対象の箇所で止まります。

01.png