Edited at

Lazy ServiceでEclipse+XdebugによるPHPデバッグ環境を構築してみる


Eclipseを入手する



  1. Eclipse公式ダウンロードサイトを開いて、「Eclipse IDE for PHP Developers」のところへ移動する。右側の「Windows 64-bit」リンクをクリックする。
    1.png

  2. Downloadボタンをクリックしてzipファイルをダウンロードする。
    2.png

  3. eclipse-php-2019-09-R-win32-x86_64.zipを解凍する。


Lazy Serviceをインストールする

Lazy Serviceのインストール方法は、下記の記事を参照してください。

    [ Lazy ServiceでApache+PHP動作環境を構築してみる ]

構築後、Lazy Serviceのモジュール(64bitの場合)は"C:\Program Files\LazyService"フォルダに格納される。

4.png


Eclipseで新規プロジェクトを作成する

1.Eclipseを起動すると、Workspaceを"C:\workspace"で指定して、[Launch]ボタンをクリックする。

5.png

起動中…

6.png

2.EclipseにPHP.exeを指定する

2-1. Welcomeページが出たら、「Add PHP Executable」をクリックします。

7.png

2-2. 「Installed PHPs」画面で「Add」ボタンをクリックする

8.png

2-3. 「New PHP Executable」画面でExecutable Path値をLazy Service(64bit)インストール先のPHPフォルダに7.3バージョンのphp.exeで設定する。「Next」ボタンをクリックする

11.png

2-4. デバック接続ポートは9000のままで、[Finish]ボタンをクリックする。

12.png

2-5. それで、PHP実行環境の設定が完了です。[Apply and Close]ボタンをクリックして設定画面を閉じる。

13.png

3.新規プロジェクトを作成する

3-1. Welcomeページに、「Create a new PHP project」をクリックします。

14.png

3-2. Project Nameに"sample"を入力して、[Finish]ボタンをクリックする。

15.png

3-3. 以下のように"sample"プロジェクトが作成された。

16.png

3-4. "sample"プロジェクト → New → Fileで新規ファイル作成画面を開き、File Nameに"index.php"を入力し、[Finish]ボタンをクリックする。

17.png

3-5. index.phpファイルが作成され、その中に<?php phpinfo();?>を入力してファイル保存する。

18.png

Xdebug動作確認のため、Eclipse画面のそのまま保持してください。


Lazy ServiceをXdebug状態に設定する


  1. [APACHE] -> [Normal]で下記の値を設定して[Save]ボタンをクリックする。

    Server Root: C:\Program Files\LazyService\Apache\2.4

    Document Root: C:\workspace\sample

    PHPModule: 7.3

19.png

2.「PHP」->「Extension」->「xdebug-2.7.2-7.3-vc15-x86_64」を選択状態に設定する。

20.png

3.「PHP」->「Xdebug」->"remote"ラジオボタンを選択状態にし、赤枠中の各項目に値を入力する。

21.png

4.「PHP」-> [Save]ボタンをクリックする。

22.png

5. [SERVICE] -> Apache 2.4を選択して[START]をクリックする。

image.png


Xdebug動作確認

上記手順で、Xdebug動作環境ができたので、ブラウザを開き、アドレスバーに "http://localhost" を入力する。

23.png

すると、Eclipse IDEから"Confirm Perspective Switch"ポップアップ画面が飛び出して、[Switch]ボタンをクリックする。

24.png

index.phpの1行目に止まって、Xdebugが動作している様子がわかる。

image.png

そして、F8キーをクリックすると、次へ実行され、index.phpの内容phpinfo()がブラウザに表示される。

image.png

以上で、Xdebug動作環境ができていることが確認できた。

最後、もしXdebug動作を中止したい場合、「PHP」->「Xdebug」-> [remote] -> [enable]のチェックボックスにチェック外して、まず「PHP」-> [Save]で変更内容を保存し、次は [SERVICE] -> "Apache 2.4"を選択 -> [RESTART]ボタンで再起動すれば、Xdebugのデバック状態が解除される。

それは開発途中でサーバ動作モードを切り替えする際、早くて便利なのですごく助かる。