LoginSignup
19

More than 3 years have passed since last update.

GMailで特定のラベルに届いたメールをトリガーにIFTTTでWebHookしたい

Last updated at Posted at 2020-03-29

はじめに

IFTTTからGMailのサービスが削除されて久しいですが、
これによっていくつかGMailをトリガーに動かしていたIFTTTが動かなくなってしまいました。
なんとなくZapir等に乗り換えようかなとも思いましたが、
今回Google App ScriptとSpreadSheetでこれを代用できることがわかりましたので
シェアさせていただきます。

1)IFTTT側の準備

1-1)My Servicesに行きます

image.png

1-2)Webhookを設定

image.png

Webhooks>settingに行きます
image.png

下記の赤枠のURLをコピペしてブラウザのアドレスに貼り付けて行きます
image.png

遷移したら Triggerの右横の{{event}}って書いてある箇所を"gmail"に変更し,
curl -X POSTの右側のURLをコピーして起きます
image.png

2)Google側の準備

2-1)Spreadsheetを作成

SpreadシートにはトリガーにしたいGMailを下記のように作成しましょう

  • A列 GMailのラベル
  • B列は =ENCODEURL("ラベル名")

image.png

2-2)GASを作成

先程のSpreadsheetからTools>Scripteditoを選択します
image.png

2-3)GASを実装

下記の赤枠の部分に
image.png

IFTTTのURLの部分を1-2)でコピーしたものに変更して保存してください

function myFunction() {
    // !!please set your ifttt webhook url!!
    var IFTTT = 'https://maker.ifttt.com/trigger/さっき保存じたURL';
    // get data from spread sheet
    var labels = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getDataRange().getValues();
    // for all labes;
    for (var v = 0; v < labels.length; v++) {
        if (labels[v].length < 2) {
            return;
        }

        // get all unread messages
        var threads = GmailApp.search('label:' + labels[v][0] + ' label:unread');
        var gotMail = false;
        for (var t = 0; t < threads.length; t++) {
            var messages = threads[t].getMessages();
            for (var m = 0; m < messages.length; m++) {
                messages[m].markRead();
                gotMail = true;
                Logger.log(messages[m].getSubject());
            }
        }
        //  POST IFTTT if you've got email from with the label
        if (gotMail) {
            Logger.log(IFTTT);
            var res = UrlFetchApp.fetch(IFTTT, {
                'muteHttpExceptions': true,
                'method': 'post',
                'contentType': 'application/json',
                'payload': JSON.stringify({
                    "value1": labels[v][1]
                })
            });
            Logger.log("Response:" + res);
        }
    }
}

2-4)GASをテスト実行

三角の矢印を押下してください
初回は色々GoogleSpreadsheetやGmailとの連携をするためにポップアップがでますが
すべて許可してつないでください

image.png

2-5)GAS Triggerを設定

最後にここを押して
image.png

"+Add Trigger"を押して新しいトリガーを下記の様に設定しましょう
image.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
19