Help us understand the problem. What is going on with this article?

Object Oriented Conference2020 スライド一覧

Object Oriented Conferenceスライド一覧

Object Oriented Conference

live配信

https://www.youtube.com/channel/UCzhlHRuKIUdziI-qvwr4SLg/videos

OOC keynote

OOC keynote: Object Oriented Diversity - Speaker Deck

異なるモデリングパラダイムから見るモデリングの勘所

異なるモデリングパラダイムから見るモデリングの勘所 #ooc_2020 - Speaker Deck

経験者がいない状態で、戦略的DDDを現場でやってみた話

経験者がいない状態で、戦略的DDDを現場でやってみた話/ OOC2020 - Speaker Deck

オブジェクト指向プログラミングの現在・過去・未来

オブジェクト指向プログラミングの現在・過去・未来

「モジュールとしてのマイクロサービス」と 「分割単位としてのドメイン」について考える

「モジュールとしてのマイクロサービス」と 「分割単位としてのドメイン」について考える - Speaker Deck

デザインにオブジェクト指向を適用する / Apply Object-Oriented to your design

デザインにオブジェクト指向を適用する / Apply Object-Oriented to your design - Speaker Deck

概念投影によるオブジェクト指向設計の考え方とその方法/Conceptual projection design

概念投影によるオブジェクト指向設計の考え方とその方法/Conceptual projection design - Speaker Deck

ドメイン駆動設計を支えるアーキテクチャテスト / Object-Oriented Conference 2020

#ooc_2020 / ドメイン駆動設計を支えるアーキテクチャテスト / Object-Oriented Conference 2020 - Speaker Deck

オブジェクト指向で考える アプリケーションアーキテクチャ設計 / Object-Oriented Conference 2020

オブジェクト指向で考える アプリケーションアーキテクチャ設計 / Object-Oriented Conference 2020 - Speaker Deck

関心の分離とは マルチパラダイムから考える関心の捉え方

関心の分離とは マルチパラダイムから考える関心の捉え方

「モジュールとしてのマイクロサービス」と 「分割単位としてのドメイン」について考える

オブジェクト指向のその前に-凝集度と結合度/Coheision-Coupling - Speaker Deck

数理的システム設計-ビジネスと技術制約を繋ぐ手法- by kyon_mm

WEBフロントエンドにおけるソフトウェア設計の考察

WEBフロントエンドにおけるソフトウェア設計の考察 / Consideration of software design in WEB front end - Speaker Deck

Modeling in the Agile Age

Modeling in the Agile Age

クソコード動画「switch文」解説

クソコード動画「switch文」解説 - Speaker Deck

オブジェクト指向のその前に-凝集度と結合度/Coheision-Coupling

オブジェクト指向のその前に-凝集度と結合度/Coheision-Coupling - Speaker Deck

DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか

DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか

デザインにオブジェクト指向を適用する / Apply Object-Oriented to your design

デザインにオブジェクト指向を適用する / Apply Object-Oriented to your design - Speaker Deck

オブジェクトライフサイクルとメモリ管理を学ぼう

オブジェクトライフサイクルとメモリ管理を学ぼう / OOC 2020 - Speaker Deck

READYFORにおける複雑なドメインとレガシーシステムとの戦い方

READYFORにおける複雑なドメインとレガシーシステムとの戦い方 - Speaker Deck

Goのソースコードから読み解くオブジェクト指向プログラミング

Goのソースコードから読み解くオブジェクト指向プログラミング@Object-Oriented Conference 2020 - Speaker Deck

Modeling in the Agile Age

Modeling in the Agile Age

振る舞いからモデリングするオブジェクト指向な開発プロセス

振る舞いからモデリングするオブジェクト指向な開発プロセス / OOC 2020 - Speaker Deck

契約による設計事始め

契約による設計事始め - Speaker Deck

オブジェクト指向で考える アプリケーションアーキテクチャ設計

オブジェクト指向で考える アプリケーションアーキテクチャ設計 / Object-Oriented Conference 2020 - Speaker Deck

異なるモデリングパラダイムから見るモデリングの勘所

異なるモデリングパラダイムから見るモデリングの勘所 #ooc_2020 - Speaker Deck

オブジェクト指向のその前に-凝集度と結合度

オブジェクト指向のその前に-凝集度と結合度/Coheision-Coupling - Speaker Deck

デザインパターンの使い方を パタン・ランゲージとの比較から考える

デザインパターンの使い方を パタン・ランゲージとの比較から考える / design-pattern-usage-inspired-by-pattern-language - Speaker Deck

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした