Help us understand the problem. What is going on with this article?

DynamoDBをJson形式でエクスポート・インポート

Amazon DynamoDBのデータをエクスポートする方法はいろいろとあります。
Pythonを使ったツールだとdynamodb-jsonDynamoDBtoCSV あたりが星多めですね。

本記事ではシェルスクリプトでJSON形式でデータをエクスポート・インポートする手軽な方法をまとめます。

使用ツール

実行前確認

下のコマンドでテーブル内容を取得できることを確認します(追加で指定が必要な環境もあります)。

aws dynamodb scan --table-name [テーブル名]

エクスポート

AWS CLIを使ってJSON形式でエクスポートするシェルスクリプトです。
--queryを使って特定のデータのみを出力することも可能です。

export-data.sh
# 第一引数でテーブル名をセット
table_name=${1:-null}

if [ $table_name = "null" ]; then
    echo "export-data.sh [table_name]"
    exit
fi

# AWS CLIでエクスポート
aws dynamodb scan \
    --table-name ${table_name} \
    --output json \
> ${table_name}.json

テーブル構造が簡単で、Excelなどで編集したい場合は、下のように列名を指定してCSV形式で出力することもできます(Number列 「id」、String列「name」の例)。

CSV形式でエクスポート
aws dynamodb scan \
    --table-name ${table_name} \
    --query "Items[*].[id.N,name.S]" \
    --output json \
| jq -r '.[] | @csv' \
> ./${table_name}.csv

インポート

インポートはひと手間かかり、ファイルを一行ずつ読み込んでアップサートすることになります。

import-data.sh
# 第一引数でテーブル名をセット
table_name=${1:-null}

# テーブル名指定で1テーブルのみ処理
if [ $table_name != "null" ]; then
    while IFS= read -r item; do
        aws dynamodb put-item --table-name "${table_name}" --item "$item"
    done< <(jq -c '.Items[]' < "./${table_name}.json")
    exit
fi

参考

シェルスクリプトでテーブルスキーマごと複製したい場合は下の記事が参考になります。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away