Help us understand the problem. What is going on with this user?
Tetsutaro Watanabe
@fetaro
データエンジニア

Tokyo, Japan

Mobility Technologies

Comments
ナリッジありがとうございます。 > AWS Lambda の実行ロールにElastiCache へのアクセス権限追加 とありますが、不要ではないでしょうか? LambdaとredisはTCPでの...
投稿のタイトル通りPOSTされたデータをエコーするのであれば`request.data`ではなく`request.get_data()`が適切だと思います。 以下のマニュアルには次のように書いていま...
全く同じ問題でハマっていました!!大変助かりました!
フィードバックありがとうございます!追加しました
exception in initAndListen: 98 Unable to create/open lock file: /data/db/mongod.lock errno:13 Permi...
MongoDBはデフォルトで/data/dbにデータを置こうとしますが、そのディレクトリが無かったため起動できなかったんだと思います。 /data/dbを作ってもいいですが、 --dbpathというオ...
非常に参考になりました!
Read Concernの動きについては不明点が多いですが、こちらのブログが参考になると思います→ http://d.hatena.ne.jp/hiroppon/20160126/1453787677...
素晴らしいまとめだと思います! configサーバのところに「ちょうど3台の設定サーバを必要とし、また別マシン上に置かなければならない」とありますが、冗長化を気にしないのであれば1台でも動作させるこ...
> riocamposさん 返信遅くなってすみません。気に入っていただきありがとうございます。 短かくて気軽にカスタマイズできるので、gemである必要がないかなーと思っています。 > pasela...
今まで問題だった「ドキュメントが大きくなると、物理的に収まりきらなくなり、再配置が発生してIO発生」という問題は、WiredTigerでは起こらないようです。以下のブログによるとWired Tiger...
公式イメージが変わったことにあわせて、内容も修正しました。
情報ありがとうございます! tag知りませんでした! 持たせたいメタデータがIntであれば、tagだけでさくっとできそうね。 Int以外のメタデータを持たせたい場合は、tagをメタデータにマッピング...
情報ありがとうございます!追記しておきます
渡部と申します。 私も同じ問題に直面しました。 問題の原因は、rubyのMongoDBドライバ(1.8.6)では、一回で登録できるドキュメント全体のサイズの制限がありますが、fluetndがそこを...
symlink_pathについて調べました。 これは、常に最新のファイルに向くシンボリックリンクを作成するようです。 ただ、実装の仕様上一時的にシンボリックリンク先がなくなることがことがあると、以下の...
ありきたりな回答ですが、私はLVMのメリットは以下のようなものだと考えています。 ・物理ディスク以上のパーティションを作成できる(特にAWS EBSだと1Tが最大なので1T以上のパーティションを作り...
情報ありがとうございます! このパラメータ、マニュアルにはのってなくて、ソースコードに存在したので、用途がわからずにいたのですが、そういう用途だったのですね。勉強になりました
> riocampos@github さん ありがとうございます!美しいですね! 正規表現の`.+?`は`.*`と等価だと思うのですが、いかがでしょうか? > irxgroundさん ありがとうござ...
  • 1 / 1
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした