Help us understand the problem. What is going on with this article?

仕様書リポジトリにデータサンプルを入れたらテストが捗った話

More than 5 years have passed since last update.

仕様を別途検討する必要があるようなプロジェクト、たとえば別システムとデータをやりとりするようなプロジェクトに使えるかもしれないテクニック

仕様書用のリポジトリを作成する

  • API仕様、jsonフォーマット仕様などを検討しそれらをドキュメント化しリポジトリに格納する。
  • 仕様変更はプルリクにより提案を行う。
  • 定期的(朝会など)に確認してプルリクがたまりすぎないようにする。

データサンプルをリポジトリに格納する

  • jsonのデータなどを実際に格納してみる。
  • 格納されたデータを元にテストを作成する。
  • 実際のプロダクトから、仕様書リポジトリを git submodule でサブモジュールとして登録しておく。

データ変換なんかが伴うようなケースとかに特に有効だった

モックをリポジトリに格納する

※これは試してない。要検討

  • 想定してるシナリオに応じた簡単なモックサーバースクリプトを作成してリポジトリに入れる
  • 想定してるシナリオに応じたアクセス用のテストを作成してリポジトリに入れる

生きたシナリオ、生きた仕様書というのが可能かもしれない。

erukiti
React/TypeScript/VSCodeやメタプロが好きです。元々バックエンドエンジニア経験および、UNIX/Win32ネイティブアプリ開発経験の方がフロントエンド経験より遙かに長いので、フロントエンド初心者です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした