GoogleTagManager
JIMDO

JimdoでGoogle Tag Managerのコードを挿入

Googleタグマネージャーでは、コンテナを作成したあとのインストールのために、2つのコードをサイトに埋め込む必要がある。1つはヘッダーなので特に問題ないが、2つめのコードはBody要素のなるべく先頭に入れるのが望ましいらしい。
Jimdoでやるのはちょいと困るが、動的に入れても動くらしい。

参考 JimdoサイトにGoogleタグマネージャーのコードを挿入する - idew.

上記記事はjQueryが使われていたので、jQueryを使わず、なおかつ1つ目のコードのまとめてヘッダーで挿入することにした。
GTX-XXXXX を置き換えてお使いください。

<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
// Google Tag Manager
(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
    new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
var google_tag_manager = '<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=' + i + '" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"><\/iframe>';
    document.addEventListener("DOMContentLoaded", function() {
        var parent = d.body;
        var firstElement = parent.firstChildren;
        var element = d.createElement('noscript');
        element.innerHTML = google_tag_manager;
        parent.insertBefore(element, firstElement);
    });
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-XXXXX');
// ]]>
</script>

参考