Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Metal] Uniform変数を使ってシェーダにデータを送る

More than 5 years have passed since last update.

日本語が少ないのはいいんだけど、英語の記事もなんだか少なくて細かいところがわかりづらくて四苦八苦。
基本的なUniform変数の取り扱いも若干手間取ったのでメモ。

データの準備

iOSの新グラフィックAPI - Metal入門してみる」でも書いたけど、Metalの特徴としてCPUとGPUのメモリ共有があります。
なので、データの準備がかなり楽にできます。こんな感じ↓

type-define
struct AnyUniforms {
    bool  useHoge;
    float size;
    float offset[2];
};

まずはこんな感じで構造体を定義します。
これをなにがしかのヘッダファイルで宣言しておき、ObjC側とシェーダ側双方に読み込ませます。

ObjC側の準備

id <MTLBuffer> buffer = [device newBufferWithLength:sizeof(struct AnyUniforms)
                                            options:MTLResourceOptionCPUCacheModeDefault];

struct AnyUniforms *circleBuf = (struct AnyUniforms*)[buffer contents];
buffer->useHoge   = YES;
buffer->offset[0] = 0.5;
buffer->offset[1] = 0.5;
buffer->size      = 0.35;

準備はこんな感じで行います。
バッファを取得して直に値を設定します。

GPUに送信

GPU側に伝えるにはMTLRenderCommandEncoderのsetFragmentBuffer:offset:atIndex:メソッドを使って伝えます。

[renderEncoder setFragmentBuffer:buffer offset:0 atIndex:0];

シェーダでデータを使う

送られたデータは以下のようにして使うことができます。

fragment half4 frag(VertexOut input [[stage_in]],
                    constant AnyUniforms &any_uniforms [[buffer(0)]]) {
    if (any_uniforms.useHoge) {
        // ...
    }
}

OpenGLのバインド的な処理がなくて非常に分かりやすくデータを扱えるのがいいですね。

edo_m18
現在はUnity ARエンジニア。 主にARのコンテンツ制作をしています。 趣味でWebGL/WebXRもいじってます。 Unityに関するブログは別で書いています↓ https://edom18.hateblo.jp/
http://edom18.hateblo.jp/
unity-game-dev-guild
趣味・仕事問わずUnityでゲームを作っている開発者のみで構成されるオンラインコミュニティです。Unityでゲームを開発・運用するにあたって必要なあらゆる知見を共有することを目的とします。
https://unity-game-dev-guild.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした