Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac OSXにLaravel 5.1をインストール記録

More than 3 years have passed since last update.

phpのbuild-inサーバーを遊びたいということで、Mac OS XにLaravelをインストールしてみました。composerのインストールのところから、localhostが確認されるまでの過程を記録しました。

ちなみに、php 5.5.20が入っている前提で話を進みます。
もし、phpともろもろのインストールについて気になる方は↓のリンクへどうぞ
http://qiita.com/edisonthk/items/8b015d5bd431aefaf411

スクリーンショット 2015-06-16 午後7.06.24.png

Step 1 : Composerをインストール

まず、このページの通りにcomposerをダウンロードします。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

composer.pharというのはダウンロードされました。次に、環境変数に登録したフォルダの場所を確認します。

echo $PATH

スクリーンショット 2015-06-16 午後7.11.12.png

/usr/local/binが環境変数のフォルダになっていることがわかりました。そのフォルダに先ほどダウンロードしたcomposer.pharを移動します。

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これで、composer -Vを実行してみて、次のような結果が得られたらインストールが完了しました。

スクリーンショット 2015-06-16 午後7.17.07.png

Step 2 : Laravelをインストール

composerでlaravelをインストールします。

composer global require "laravel/installer=~1.1"

最後に、composerのvendorフォルダを環境変数にsymbolicリンクを作りましょう。

sudo ln -s $HOME/.composer/vendor/bin/laravel /usr/bin/laravel

Step 3 : Laravelプロジェクトを始めましょう

次のmysiteというLaravelプロジェクトを作成します。

laravel new mysite

最後に、サーバーを起動してブラウザでlocalhost:8000を確認しましょう。

php artisan serve

スクリーンショット 2015-06-16 午後7.46.01.png

補足

もともとの予定はYosemiteに環境変数を登録しようと思いましたが、exportの場合はテーミナルのsessionが切れると、登録したものがなくなります。Googleですこし探してみましたが、なかなかいいアプローチが見つかりませんでした。もし、いいリンクを持っている方がいればぜひ教えてください。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away