Help us understand the problem. What is going on with this article?

macでSpringBoot環境構築メモ

はじめに

javaを勉強するにあたってspringの環境構築をmacで行ったので
備忘録として記録します。

1,OPEN jdkのインストール

以下のサイトからダウンロード
http://jdk.java.net/13/
今回は13.0.2をダウンロードしました。

ファイルを解凍した後に以下のコマンドで
JavaVirtualMachinesに移動

$ sudo mv jdk-13.jdk /Library/Java/JavaVirtualMachines/

他のアプリケーションなどがJavaを利用する場合に
JDKのインストールされているディレクトリを探せるように環境変数JAVA_HOMEを設定

$ export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 13`

JDKとは??

Java SE Development Kit
Javaでプログラムを作るためにコンパイラなどの必要なツールが入った開発キット。
Javaの実行環境であるJREも含まれている。

2,Spring Tool Suiteのインストール

今回はFrameworkの開発元が提供する開発環境を利用します。

以下のサイトからSpring Tools 4 for Eclipseをダウンロード
https://spring.io/tools

ワークスペースを選択してLaunch!
スクリーンショット 2020-04-11 12.07.50.png

無事に立ち上がりました!
スクリーンショット 2020-04-11 12.08.16.png

マーケットプレイスからGradleというビルドツールをインストール

3,プロジェクト作成

File→New→Spring Starter Project

スクリーンショット 2020-04-20 22.39.19.png

スクリーンショット 2020-04-20 22.49.38.png

プロジェクトが作成出来ました!

4,hello world表示

com.example.demoにHelloController.javaを以下のように作成

HelloController.java
package com.example.demo;

import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
public class HelloController {
    @RequestMapping("/")
    public String index() {
        return "hello world";
    }
}

フォルダを右クリックして、
Run As → Spring Boot Appをクリックしてアプリを起動する!

localhost:8080にアクセス

スクリーンショット 2020-04-20 23.11.42.png

表示できました!

これをベースに色々javaを勉強していきます〜!

ecoyamas
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした