Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

Organization

XCode9のBotを使ってみる

はじめに

XCode9よりXCode Serverを利用したBotを利用できるということで、
試してみました。

Botができること

  • 静的解析
  • テスト
  • アーカイブ

前提

対象のソースコードは、リモート上に置いておくこと。
今回は、github上に配置しました。

セットアップ

①「Preferences」 -> 「Server & Bots」を開く
1.png

②右上のスイッチをONにする
2.png

Botの作成

①「Product」 -> 「Create Bot」を選択する
スクリーンショット 2017-12-10 18.59.44.png

②「Add New Server」でサーバーを選択する
今回は自分のPCを選択しました。
スクリーンショット 2017-12-10 19.02.17.png

③ソースコードの認証方法を設定する
スクリーンショット 2017-12-10 19.07.33.png

④Botのアクションを設定する
今回はテストのみを設定します。

スクリーンショット 2017-12-10 19.11.11.png

⑤Botの実行間隔を設定する
下記の3パターンを選択できます。
今回は、1時間に1回実行してみます。

設定 説明
Periodically 実行間隔を指定して実行
On Commit コミット時に実行
Manualy 手動で実行

スクリーンショット 2017-12-10 19.18.04.png

⑥テストを実行するデバイスを設定する
今回は、「Specific iOS Device and Simulators」を選択し、
iPhone8とiPhone8 Plusを選択します。

スクリーンショット 2017-12-10 19.20.04.png

⑦あとは、Successになるまで進める

実行結果

スクリーンショット 2017-12-10 19.25.49.png

ビルド履歴

スクリーンショット 2017-12-10 19.25.59.png

テスト履歴

今回はテストケース2件が成功しました。
スクリーンショット 2017-12-10 19.26.08.png

カバレッジ履歴

今回はカバレッジが68%でした。
スクリーンショット 2017-12-10 19.26.34.png

View Code Coverrageを辿っていくと、
詳細が確認できます。

スクリーンショット 2017-12-10 19.32.26.png

まとめ

今回はテストのみ試してみましたが、静的解析やアーカイブも出来るようなので、
今度試してみたいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
4
Help us understand the problem. What are the problem?