Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Check! Azure DevOps Demo Generator でリファレンスプロジェクトを立ち上げる

More than 1 year has passed since last update.

こんばんは、 @dz_ こと大平かづみです。

Azure DevOps Advent Calendar 2018 の 24日分です。遅れてしまってすみません :sob:

Prologue - はじめに

さて、 Azure と相性抜群の CI/CD や スクラム/アジャイルのプロジェクト管理ができる Azure DevOps 。機能が豊富すぎてどこから手を付けていいかわからない!というときは、 Azure DevOps Demo Generator でリファレンスプロジェクトを用意できるので、試してみましょう♪

所感

使い方は簡単。サインインもしくはサインアップし、organization やプロジェクト名を指定して、テンプレートを選ぶだけです。

選べるテンプレートは結構たくさんあります。下記にリストアップしてみました。

なお、選択したテンプレートによって、 extensions のインストールが求められることがあります。インストールは、選択した organization にのみインストールされるようです。同じ organization の他のプロジェクトへ影響が心配な場合は、別途 oraganization を作成してから試すとよいかもしれません。インストールした extensions は、 Organization Settings > Extensions から確認できますので、心配せずに使ってみるとよいかと思います。

選べるテンプレート (2018/12/25時点)

テンプレート選択画面では、 GeneralDevOps LabsPrivate という3つのタブがあり、それぞれにテンプレートが列挙されています。一部要約も記載してみましたので、ご参考になれば幸いです。

  • General
    • SmartHotel360
    • MyHealthClinic
      • タグ: Scrum, aspnetcore, azureappservice
      • スクラムベースの、 ASP.NET Core 製のウェブアプリケーションのリファレンスです。Azure App Service へデプロイする pipeline が含まれます。
    • PartsUnlimited
    • MyShuttle
    • CntosoAir
      • タグ: Agile, Node.js, User stories
      • Node.jsCosmosDB で構成されたアプリケーションのリファレンスです。アジャイルベースの user storiesfeaturesepics が用意されたプロジェクトで、CI&CD の pipeline も含まれます。テンプレートベースはこちら GitHub - Microsoft/ContosoAir: Source code repository for ContosoAir application
  • DevOps Labs
    • Docker
    • AKS
    • GitHub
    • Octopus
    • Selenium
    • DeploymentGroups
    • SonarQube
    • ReleaseGates
    • PHP
    • Python
    • WhiteSource-Bolt
    • AzureFunctions
  • Private

Epilogue - おわりに

ちょっとアドベントカレンダーの〆切に間に合わないので、先に提出します!後ほどもっと調べて追記しようと思います~!
すみません~!!

dz_
Nice to meet you! :)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away