【GitHub】備忘録

More than 1 year has passed since last update.

GitHub超初心者の自分のための備忘録


基本的なコマンド


ローカルリポジトリの作成方法

とりあえずローカルリポジトリを作ってファイルを入れるところまでやってみる。

git init //初期化,初回だけ

git add file_name //インデックスにファイルを追加 file_name の代わりに.でディレクトリ内の全ファイルをaddできる
git commit -m "comment" //コメントをつけてローカルリポジトリにコミット

//ほかのコマンド
git reset HEAD
git reset HEAD file_name //間違えてaddしたものを取り消す
git commit -a //変更のあったファイルすべてをコミット
git commit --amend //直前のコミットを取り消す
git commit -v //変更点を表示してコミット

もし -m "comment"を入れ忘れるとvimが起動するのでその時は

:q!

:wq

のどちらかをすぐに打ち込めば閉じる。gitの状態を確認するときは

git status

を利用すると現在の状態が確認できる。


リモートリポジトリへの反映

まずはリモートリポジトリの情報を追加(これは1度やってあればその後は不要)

git remote add origin url //リモートリポジトリのurlを追加

ローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映させるには、

git push origin master

これでリモートリポジトリに反映完了。

ディレクトリをリモートリポジトリに入れるときも同様にやれば大丈夫。

もしpushがうまくいかなかったときは

git pull

git fetch

git merge origin/master --allow-unrelated-histories

git fetch

git rebase origin/master

のどれかで元に戻る。(はず)(ダメだったらその都度調べたほうがいいかも)


いらないファイルの削除方法

もし間違えてファイルをpushしてしまった時(.gitignoreに書き忘れてた時)の対処法。

git rm file_name                //ファイル削除(ワーキングエリアからも削除される)

(git rm --cached file_name) //ワーキングエリアからは削除せずにgit管理の対象外にする
git add .
git commit -m "comment"
git push origin master

次からのために.gitignoreにも追記しておく。


終わりに

一応これだけできれば一人での作業では問題ないかなと思います

もし間違い等ありましたら、コメント等もらえると助かります!