Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiita で ES2015+ を意識せずにコーディングしている記事が 25% 程度ある

2021 年。JavaScript (ECMAScript) は常に進化し続けているが、初学者含めて日本の JavaScript 使用者は何割ぐらいの人が ES2015+ を意識してコーディングしているのか気になったので調べてみる。

動機

変数は var ではなく constlet を使った方がスコープを安心して使用できるし、関数は function App () {} ではなく const App = () => {} で良い。
分割代入やテンプレート文字列、スプレッド構文、map なんかも便利だと思う。
どんどん使っていけばいいし、新しく学ぶ人は当然 ES2015+ で学んだほうが良いと思う。
でも、それを知らずに学び始める人、知らずに居続ける人もいるのかもしれない、とふと気になった。

調査方法

Qiita に投稿された記事から ES2015+ を意識してコーディングしている/意識せずにコーディングしている記事数(※)を Qiita の検索機能から抽出し、母数に対する割合を求める。

ES2015+ を意識しているか否かは、記事内のコードにおいて、変数宣言時に ES2015+ で最も基本的な要素といえる const を使っているか否かを基準に判断する。(後述)

※ 記事数ではなく、そこからユーザ数を拾って調査した方が正確なのでそうしたかったが、時間の都合上で記事数とする。

調査対象

Qiita に投稿された記事の内、次の条件に合致するものを対象とする。

  • 作成が 2020 年の 1 年間( 2020-01-01 以降 2020-12-31 以前)の記事
  • タグに JavaScript が含まれる記事

ES2015+ を意識してコーディングしているか/していないかの基準

記事中のコードに varconst のどちらを使用しているか。

  • 母数: var または const が含まれる
  • ES2015+ を意識してコーディングしている: const が含まれる
  • ES2015+ を意識せずコーディングしている: var が含まれる かつ const が含まれない

調査結果

  • 母数(var または const が含まれる)
    • 5698 ( 4270 + 1428 ) 記事
    • 検索: ES2015+ を意識してコーディングしている、意識せずコーディングしている記事の合計
  • ES2015+ を意識してコーディングしている(const が含まれる)
    • 4270 記事 ... 全体の約 75 %
    • 検索: tag:JavaScript created:>=2020-01-01 created:<=2020-12-31 code:const
  • ES2015+ を意識せずコーディングしている(var が含まれる かつ const が含まれない)
    • 1428 記事 ... 全体の約 25 %
    • 検索: tag:JavaScript created:>=2020-01-01 created:<=2020-12-31 code:var -code:const

結論

調査結果から全体の約 25 % の記事は ES2015+ を意識せずコーディングしている記事と考えられる。

追伸

記事数ではなくユーザ割合をどなたか調査してみてほしいです。

drytt
React Lover
https://drytt.com
admin-guild
「Webサービスの運営に必要なあらゆる知見」を共有できる場として作られた、運営者のためのコミュニティです。
https://admin-guild.slack.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away