Help us understand the problem. What is going on with this article?

日立社員「社内からQiitaに投稿?できるのそれ」

(2019-12-18 表現を一部訂正しました。)

メタ記事。投稿するのにかかる手間に関する投稿です。


1

どうしてこんな記事を書こうと思ったか

  • 日立製作所もガンガンOSS活動をしていることを知ってほしい。日立に興味があるが、OSSコントリビューションは社外発信にどれくらい熱心なのか気になる人向けに、とある一部署の情報をシェアしたい。
  • タイトルのような感想を持つ弊社内の人に情報発信してもらいたい。
    • (残念なことに、) 社内の情報共有サイトに書くよりQiitaに書いたほうが読まれそう。
  • 後輩がAdvent Calendarの記事集めに苦労していたので気の毒になったため
  • :warning: 注: 全社的な審査プロセスではなく、(株)日立製作所 ITプロダクツ統括本部のやりかたです。
    • では全社的なプロセスは?他の部署は? → 詳しい方、(申請の上)コメントください。 :bow:

ITプロダクツ統括本部って何?

  • Google it (※これまでも組織名称が変わってきたので、将来、変わるかもしれません。)
  • ハコものを売る会社から、サービスやソリューションを売る会社になりつつあります。

誰?

  • 横浜市戸塚区で働いています。
  • 最近はよく在宅勤務をしています(2児の親)

やったこと

  1. 投稿すると表明する
    1. Advent Calendarに登録してもらったり、以下をレクチャーしてもらったり。
  2. パワポに書かれた書類を読む
  3. 新規アカウントの登録
    • 会社メールアドレスが登録されたアカウントでないと使用禁止。
    • Qiitaは1つしかメールアドレスが登録できないため個人で投稿しているアカウントは自動的に使用禁止になる。(なぜ…?)
  4. 記事をかく
  5. 以下のハンコをもらう
    1. 課長
    2. 部長
    3. 課の情報資産管理者
    4. 知財管理部署: 特許情報の審査
  6. 投稿

かかった時間

  • 投稿するまでの準備: 1日
  • 記事を書いた時間: 30分
  • ハンコをもらう時間: 3日

やってみて感じたこと

  • やっぱり面倒!
  • 以下を1投稿ごとにやる必要があり、作業ステップ数やツールに時代錯誤な感が否めない。
    1. ExcelとWordの帳票をDLして開いて、
    2. 30個強のチェックリストをチェックして、(丸図形を挿入!)
    3. 電子職印押して、(ハンコ.PNGをコピペ!)
    4. 関係各所にメールで回す。
  • 慣れれば1日で完了できるらしいです
  • とはいえ、数年前より良くはなってきている感はある。昔はほぼ実現不可能だったので。
    • 「チェックリスト目視で確認!」よりも、リテラシを上げる方の研修の充実や、ライセンス制やレベル制という形に変わっていってほしいなぁ。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away