Help us understand the problem. What is going on with this article?

fiddlerでiPhoneの通信を見るためにやったことメモ

More than 1 year has passed since last update.

fiddlerでiPhoneの通信を見るための手順が結構たくさんあったので備忘録としてメモを残す。

手順

  1. fiddlerをインストール。
    https://www.telerik.com/download/fiddler

  2. addonsのページからCertMaker for iOS and Androidをインストール。
    http://www.telerik.com/fiddler/add-ons

  3. fiddlerを起動してTools>Options>HTTPSからCapture HTTPS CONNECTsを有効にする。

  4. Protocolsを選択して;tls1.1;tls1.2を追加する。

  5. Tools>Options>ConnectionsAllow remote computers to connectを有効にする。

  6. InspectorsとかがあるパネルのFiddlerScriptタブを開いて、static function OnBeforeRequest関数に以下の処理を追加する。

        if (oSession.HTTPMethodIs("CONNECT"))
        {
            oSession["https-DropSNIAlerts"] = "yup";
            FiddlerApplication.Log.LogString("Legacy compat applied for request");
        }
    
  7. fiddlerを再起動してTools>Options>HTTPS>ActionsからReset All Certificatesを実行し、
    その後Trust Root Certificateを実行して証明書を設定しなおす。

  8. iPhoneをwifiに接続しプロキシを設定する。

  9. iPhoneのsafariを開いてhttp://ipv4.fiddler:8888にアクセスし、FiddlerRoot certificateのリンクから証明書をインストールする。

  10. 設定>一般>情報>証明書信頼設定からインストールした証明書を有効にする。

  11. 通信を確認したいアプリを起動し、fiddlerにログが表示されることを確認する。


所感

2.のCertMaker for iOS and Androidをインストールしたつもりでインストールしていなかったり、インストール後に証明書を再度作成しないといけなかったり、
4.のProtocolsや6.のスクリプトの追加について言及している記事が少なかったり、
10.の証明書を有効にする手順がiOSが新しくなったことによって追加されていたり……

前はもうちょっと簡単に通信ログを確認できるところまでできた気がするような。:thinking:

dolls
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした