Edited at

laravel5.4用に、以前作ったscaffoldパッケージをバージョンアップした。

More than 1 year has passed since last update.

laravelで、基本的なCRUDアプリケーションを生成するパッケージをバージョンアップしたので、使い方について、簡単に紹介します。

最新のパッケージは、Laravel5.5以降対応です。


Gitの場所

https://github.com/dog-ears/crud-d-scaffold


(1)環境の準備

まずは、laravelをインストールしましょう。

簡単に試してみたいのであれば、Cloud9がオススメ

■Cloud9でPHP7+Laravel5環境構築

http://qiita.com/mike_fx/items/c3da0fcd3050d7ea2f26

(2)パッケージのインストール


composer require dog-ears/crud-d-scaffold

※2017/9/21 パッケージアップデートにより更新しました。


Step2:サービスプロバイダーの追加

※2017/9/21 パッケージアップデートによりサービスプロバイダの追加は不要になりました。

Step3:Artisanコマンドで確認


php artisan


を実行すると、以下のコマンドが追加されています。


'crud-d-scaffold:setup' : Setup crud-d-scaffold with bootstrap 3


以上で、準備完了。

では、サンプルを登録してみましょう。

(i) パブリックリソースの公開


php artisan vendor:publish --tag=public --force


(ii) パッケージフォルダ内のcrud-d-scaffold.json.sampleをlaravelプロジェクトルートに名前を変更しつつコピーする


cp ./vendor/dog-ears/crud-d-scaffold/crud-d-scaffold.json.sample ./crud-d-scaffold.json


(iii) crud-d-scaffold:setup の実行


crud-d-scaffold:setup -f


-f をつけてるとファイルを上書きします。

初回は、fオプションは不要です。(つけてても問題なし)

(iv) migration と seeding の実行


php artisan migrate

php artisan db:seed


以上で終了です。

アプリケーションを確認してください。

cap01.jpg

cap02.jpg

cap03.jpg

もっと詳しく知りたい人は、ブログに詳細書いたので、見に来てくださいませ。

バグレポートとかも歓迎です。

■OBOEGAKI

http://dog-ears.net/

ではでは。