dos
小ネタ
仕様書

ディレクトリツリーをExcelに簡単に起こす

要約

昔ながらのExcelとかで設計書提出してるときによくある
ディレクトリツリー図をWindows標準機能だけで簡単にExcelに起こすよ

手順

1)ディレクトリツリーを起こしたい起点でCMDコマンドの実行

こんな感じ。
01.jpg

2)コマンドプロンプト画面でtreeコマンドの実行

出力先はどこでも大丈夫です。

tree -f > hogehoge.txt

3)エディタで置換(あえてメモ帳でやってますがなんでもいいです)
03.jpg
そこで、以下の置換を順に実行しましょう。
"│" → " "(※半角スペース2つ)
"└" → " "(※半角スペース2つ)
"─" → " "(※半角スペース2つ)
"├" → " "(※半角スペース2つ)
" "(※半角スペース4つ) → タブ1つ(メモ帳の場合はタブを置換ウインドウにコピペ)

4)Excelに貼る
先のテキストを全文コピーしてExcelに貼ると…
04.jpg

という形になります。あとはお好きにどうぞ。

まあ使える機会があれば参考にしてやってください。
ソフトを自由に突っ込めない環境でも再現できますし、
Windowsのバージョンにも拠らないので使い甲斐はあるとおもいます。