Posted at

GalliumOS on Acer Chromebook C720

More than 3 years have passed since last update.


ChromebookでLinux

ChromebookにLinuxを入れる方法はいろいろあります。Croutonを使って、UbuntuやXubuntuを入れることに関しては、Qiitaでもすでにいろいろ紹介されています

しかし、Croutonでは、GalliumOSが使えないので、Chrxを使って、GalliumOSを導入します。


GalliumOS?

GalliumOS – A fast and lightweight Linux distro for ChromeOS devices

ChromeOSなデバイス向けの早くて軽量なLinuxディストリビューション。そのまんま。対応するハードは、互換リストを参照のこと。

Hardware Compatibility - GalliumOS Wiki

デュアルブート可能で、技適マーク付きの機器なんて限られていて、実質的には、Acer Chromebook C720か、Dell Chromebook 11(2014/Haswell)くらい?デュアルブートで実用するなら、SSDを換装できるC720だけど、もう新品で入手するのは困難。

これからGalliumOSを試したいなら、中古のC720を漁るか、SSD換装を諦めてDell Chromebook 11を買うか、技適マークを諦めて個人輸入(アカン)


インストール方法

このあたりの記事が参考になります。

基本的な手順は上記で紹介されている通りですが、Chrxのオプションを見直すともっと捗ります。


★サクっと導入してとりあえず触りたい人向け

curl -Os https://chrx.org/go && sh go -d galliumos -v


★もうGalliumOSと心中してもいい人向け

curl -Os https://chrx.org/go && sh go -d galliumos -H ホスト名 -U ユーザ名 -Z Asia/Tokyo -L ja_JP.UTF-8

インストール時にホスト名やらユーザ名やらタイムゾーンや文字コードを指定しておくと、インストール後にする作業が減ります。

オプションで文字コードを指定しておけば、最初から日本語環境でもイケます(ただし、IMEは入っていないので、別途インストールが必要)。

ちなみに、ユーザ名とパスワードは同じなので、初回ログイン後、真っ先に変えましょう。


パフォーマンス


メモリ

ガラ空きワロタ(死語)。ちょっとメモリ食うような作業もGalliumOSはイケそうです。


GalliumOS

$ free -k

total used free shared buffers cached
Mem: 3987656 715216 3272440 112120 27952 307676
-/+ buffers/cache: 379588 3608068
Swap: 5981480 0 5981480


ChromeOS

free -k

total used free shared buffers cached
Mem: 3986200 1255376 2730824 65340 14992 519476
-/+ buffers/cache: 720908 3265292
Swap: 5839160 0 5839160


Octane2.0

さすがに、最適化されているChromeOSのほうがややスコアが良いですが、GalliumOSも遜色ないスコアを叩きだしてくれました。


GalliumOS

Octane Score: 12363


ChromeOS

Octane Score: 13140


バッテリーの持ち(体感)

ちゃんとした計測はしていませんが、体感で、GalliumOSのほうが、1〜2時間、バッテリーの減りが早いような気がしています。

ただ、USBメモリやSDカードにCroutonを入れるよりは、やっぱり長持ちします。

当たり前か(笑)。


注意事項


  • 先述の通り、C720とGalliumOSは相性がめちゃくちゃ良いのですが、いかんせん、C720が新品で入手することが事実上無理で、中古市場にもあまり流れてきません。

  • Gallium OSは、Ubuntu 15.04(Vivid Vervet)ベース。サポート期限が2016年1月で切れていることは充分にご留意いただきたく。15.10化はよ。

  • 万人にオススメする要素は皆無ですが、好きな人はとことんハマると思います。

  • なお、日本語キーボードモデルの場合、「英数」キーは無変換キーとして、「かな」キーは変換キーとして振る舞います。そのあたりの調整は、以前書いた記事をご参照ください。

    Mozcでかなキーと英数キーが気に入らない動きをする場合のメモ - Qiita