HTML
JavaScript
Web

Webサイト検品ガイド

Webサイトを制作後、納品前、公開前に必ず検品を行います。ブラウザチェックは実機が理想ですが、ないものについてはChromeのシミュレータやVirtual Box による仮想環境で確認してください。

検品項目一覧

下記項目をチェックし、基準を満たせばかなり質の高いWebサイトであると言えます。

検品項目 概要 合格基準
ブラウザチェック さまざまなブラウザでの表示、動作チェック 表示崩れや動作バグがないこと
HTML Validator HTML品質チェック エラーがない状態にする(外部ソースは除く)
構造化データテストツール SEO対策 エラーがない状態
Page Speed Insights パフォーマンス改善 PC, SPともにグリーンスコア
モバイルフレンドリー スマホ対応 エラーがない状態
シェアデバッカー SNSシェア時にサムネイルなど表示するタグ エラーがない状態
AMPテスト AMPの場合 エラーがないこと
Lighthouse PWAの場合 エラーがないこと
Test My Site 表示速度と同業比較 要改善でないこと

その他見落としがちなチェック項目

  • favicon, スマホhome画面用アイコンは設置されているか
  • titleは正しく設定されているか
  • Sitemapは設置されているか

OSバージョン、ブラウザバージョンについて

最近のOSは自動的に最新OS,ブラウザがアップデートされるため、特に定めがない場合最新OS,ブラウザでの検品で良いです。古いブラウザについてはバージョンアップを促すメッセージを表示させるのが理想です。サポート対象外のブラウザを使用することはセキュリティの観点から推奨されないため、適宜クライアントを説得しましょう。幅広い年齢層の不特定多数のユーザーの利用が見込まれるサイト、サービスにおいては下記ページを参考に適宜古いOS、ブラウザ対応を行いましょう。