mastodon

mastodonを1.3くらいから2.1.0まで一気にあげた

多分誰も求めてないけど、備忘録

アップデート前

バージョン忘れたけどWebpack導入直前

環境

  • 非Docker, Ubuntu 16.04
  • 1台のLinux上でDB兼用、redisは独立で複数インスタンスが共存

結局なにがはまったの?

  • 通知の設定が増えてたので.env.productionに2行追加
  • bundle installしようとしたらrubyが2.4.1つかってたのに2.4.2になってた
    • rbenvのアプデが必要
    • あと、bundlerのgemもいれないとだめ
  • bundle installしようとしたらbuildでこける
    • 必要パッケージが増えてたので最新のproduction-guideのapt installを流し直した
    • https://github.com/tootsuite/documentation/blob/master/Running-Mastodon/Production-guide.md
    • 実際はletsencryptはいらないので抜いた
    • apt -y install imagemagick ffmpeg libpq-dev libxml2-dev libxslt1-dev file git-core g++ libprotobuf-dev protobuf-compiler pkg-config nodejs gcc autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev nginx redis-server redis-tools postgresql postgresql-contrib yarn libidn11-dev libicu-dev
  • db:migrateでコケる
  • assets:precompileでこける
    • nodejsのバージョンが古かった。アプデしたら解決
    • 4系しかリポジトリが入ってなかったので以下でいれた
    • curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_6.x | bash -
  • cronの設定が変わったので変更
    • 既存のものはすべてsidekiqに取り込まれたので不要に
    • 画像とかのリモートリソースの削除がdailyに
    • これ、あるインスタンスだと70GBくらいになってたのが20GBまで減ったので大変幸せになった

進め方

基本Updating-Mastodon-Guideの通りに。差分は前述。

https://github.com/tootsuite/documentation/blob/master/Running-Mastodon/Updating-Mastodon-Guide.md

感想

  • 思ったよりも簡単にアプデできた。こんなに楽にできるならもっと前にしておけばよかった!
  • ActivityHubが神がかってて、幸せになった
  • 利用者から感謝の声が!!
  • TwitterBANされたので自分としてもはっぴー

追記(同日)

1.3くらいにアップグレードしたときもそうなんですが、.env.productionに項目が増えてることが割とあるのですが、updatingのガイドにその話がないので、アプデするときはそこ注意したほうがいいです。