Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bluespec Compilerをstack環境のghcでビルドしてみた

はじめに

BluespecSystemVerilogとはVerilogやVHDLと同じくハードウェア記述言語の一種です。十年ほど前から商用の処理系としてBluespec Compilerが存在していたのですが、つい先日オープンソースになりました。

https://github.com/B-Lang-org/bsc

BluespecSystemVerilogはHaskellベースの文法を持っていて、処理系もHaskellで書かれています。
早速ビルドしてみようと思ってREADMEを見ると「cabalでライブラリをインストールしてmakeせよ」と書いてあります。
しかし今時のHaskell環境はstackを使っていることが多いと思うので、このためだけにcabalや素のghcを入れるのはいまいちです。
というわけでstackでBluespec Compilerをビルドしてみることにしました。

準備

まずリポジトリをクローンしてサブモジュールを取得します。

$ git clone https://github.com/B-Lang-org/bsc
$ cd bsc
$ git submodule update --init --recursive

また依存ライブラリとビルドに使うツールがいくつかあるので入れておきます。

$ apt-get install libfontconfig1-dev libx11-dev libxft-dev
$ apt-get install gperf flex bison

stackのインストール

既にstackを使っている場合は不要ですが、そうでない場合は以下のようにインストールしてデフォルトのghcを取得しておきます。

$ curl -sSL https://get.haskellstack.org/ | sh
$ stack update

Haskellのライブラリインストール

元のREADMEでは「cabalでインストールする」となっている部分です。
普通stackの依存ライブラリはプロジェクトディレクトリのpackage.yamlに書きますが、今回はプロジェクトがないのでグローバルな場所にライブラリをインストールします。

$ stack install regex-compat syb old-time

ビルド

stackのプロジェクトならstack buildでいいのですが、残念ながらそうではないのでmakeでビルドします。Makefile内ではGHC変数でghcコマンドを定義しているのでstackのghcを使うように変更してやります。

$ make GHC="stack ghc -- "

うまくいけばこれでビルド完了まで通るはずです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした