PHP
WordPress
yml
VCCW
site.yml

vccw site.xmlで変更できること

More than 1 year has passed since last update.

vccwでWordPress環境を作成する際、デフォルトの設定からsite.ymlにて設定を変更することができます


site.ymlの作成方法

vccwを展開したところにprovisionディレクトリがあるので、その中のdefault.ymlをコピー

一つ上のディレクトリに移動させ、site.ymlにリネームするのが分かりやすい。

よく使うであろう項目はここに含まれているので、パラメータを変更するだけで使える。

もちろん、変更する項目だけを記載したsite.ymlを1から作成する方法でもよい。

未指定の項目はdefault.ymlの項目が使用される。


site.ymlで変更できる項目


基本編


日本語で使いたい

普通にインストールされると管理画面なども英語になるため、

日本語として使いたいなら下記の設定を変更する

lang: ja


ドメインを変更したい

hostname: vccw.test

ただし、事前にvagrant-hostsupdaterをインストールしていないと自前でhostsファイルを編集する必要があるので要注意


複数台並行して起動したい or IPアドレスを変更したい

同時に2台vccwで作成した環境を動かそうとすると、IPアドレスが重複して動かなくなるため、

環境ごとにIPアドレスを変更する必要がある

ip: 192.168.33.3


バージョン指定編


PHPのバージョンを指定したい

デフォルトでは最新版がインストールされるらしくPHP7になるが、

まだPHP5系の環境も多いため、PHPのバージョンを指定したい場合。

なお、default.ymlにはこの項目の記載がなく、指定がない場合は最新版が使われる模様

vccw3系だとPHP7系が、vccw2系だとPHP5系が使用できるようです。

環境に合わせて使用するvccwを変更する必要があります。

php_version: 5.6.9


WordPressのバージョンを指定したい

WordPressのバージョンも通常最新版になるため、

バージョンを指定を行う場合は下記を変更する

version: 4.1


応用編


インストールされるディレクトリを1階層下げたい

vccw.testのドメインでvccwをインストールした際、WordPressはvccw.testにインストールされる

これをvccw.test/wordpress/にインストールしたい場合、下記のように変更する

wp_siteurl: 'wordpress'  # Path to the WP_SITEURL like "wp"

wp_home: 'wordpress' # Path to the WP_HOME like "wp"

その他、何かあれば追記していきます