Help us understand the problem. What is going on with this article?

プロトコルを理解する

More than 5 years have passed since last update.

プロトコルはjavaでいうところのインターフェイスに近い。
クラスの実装はどうあれプロトコルに準拠したオブジェクトは
実装しなければいけないメソッドが決定される。(オプションでなければ実装しなければならない)
objective-cではデリゲートの実装によく登場する。

検証のため
プロトコル定義 FooProtocol
プロトコル準拠クラス Bar
を考える。

FooProtocolでは、@optional(実装が必須ではない)でfooメソッドを定義し、
@reqired(実装が必須)でfoofooを定義している。

BarクラスはFooProtocolに準拠しているのでfoofooメソッドの実装を行う。

流れとしては以上。
参考までに検証用のコードを以下に示す。

@requiredを指定したはずのfoofooをBarにて実装を削除して
[bar foofoo]も削除、でも警告(foofooの実装をしないさいという警告)がでただけ。
必須だからコンパイルエラーではじくと思ったのだが。。警告レベルというのは注意が必要かも。

【プロトコルの定義 FooProtocol】

FooProtocol.h
#import <Foundation/Foundation.h>

@protocol FooProtocol <NSObject>
@optional
-(void)foo;
@required
-(void)foofoo;
@end

【プロトコルの実装クラス Bar】

Bar.h
#import <Foundation/Foundation.h>
#import "FooProtocol.h"

@interface Bar : NSObject <FooProtocol>
-(void)foofoo;
@end
Bar.m
#import "Bar.h"

@implementation Bar
-(void)foofoo
{
    NSLog(@"foofoo is called");
}
@end

【メイン関数】

main.m
#import "Bar.h"

int main(int argc, const char * argv[])
{

    id bar = [[Bar alloc] init];
    [bar foofoo];

    return 0;
}
daisuke0131
Cloud Firestoreの本を書きました。boothで絶賛販売中!!基礎から実施までCloud FirestoreによるiOSアプリ開発 https://booth.pm/ja/items/1034900
oct
建築施工管理者向けアプリANDPADを開発、運営するスタートアップ
http://88oct.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした