JavaScript
map
ライブラリ
OSS
bingmaps

BingMaps用 ライブラリをGithubに公開

BmapQuery.jsを作り始めました。

目標、BingMapsをサクッと使えるものを目指していく。

Download(github)

BmapQuery

BingMapsの情報が少ないので使いやすくした

BingMapsの記事・情報が少ないため困られてるフロントエンド界隈の人も多いと思いますので、簡単に使える関数を用意して見ようと思い作り始めました。
上記、Github にて公開してます。

使用方法はGithubのREADME.mdを読んでください。

READMEは英語で記述してありますが、現段階で作成してある使用方法例は記載してあります。
英語で記述するため、他のライブラリ等を参考にして作成しました。
結構難しい。。

そもそも何故必要か?

「以前書いた記事へのリンク」
上記の記事でも取り上げたとおりで、
GoogleMapのクレジット登録が必須となり、クレジット登録が必要無いMicrosoft[BingMaps]の出番が増えるかと思っています。

今はシンプルで機能が少ないけど、使いやすいライブラリに育てる

現段階では空いてる時間で思ったまま作った状態です。
今後、みんなが簡単に使えるようになるライブラリになるよう育てていければと思いますので、協力していただける人がいればアップデート(関数ですがオブジェクトにしていただいても・・、などなど)していただけると嬉しいですね。
全然違う名前のライブラリを作ってもいいと思うんですよね。
きっといろんなものが出てきて、淘汰されて良いものができてくると思いますので、その布石としてまずは、このBmapQueryを作成してますので。

アウトプットファースト

個人的にはOutput or Die の思想で作ってますので、
まずは作って、駄目だったら修正して、更に駄目だったら修正してと、頭で考えすぎずにトライ&エラーで進めてるので、このBmapQueryもそんな感じです(^^)
でも、考えすぎて、動けないよりは何かしら行動していかないといけない。失敗は成功のもと。失敗から学ぶことは多いはずです。思ったらやればいい、できなかったら次に活かせばいい。いつか成功すると信じて!!