Edited at

Amazon EC2 の g2.xlarge を起動する

More than 3 years have passed since last update.

Chromeで見ると画像の色合いが変なのでSafariやFirefoxで見てください。


1. g2.xlarge の起動


1.1 EC2のサービス選択


1.1.1 サービスの選択

Kobito.GbtAeU.png



1.1.2 リージョンの選択/インスタンス一覧画面への遷移

Kobito.aGTtOo.png



1.2 g2.2xlargeの起動


1.2.1 新規インスタンスのLaunch開始

Kobito.BaYeu2.png



1.2.2 STEP1. OSの選択

Kobito.hVGKMm.png



1.2.3 STEP2. インスタンスタイプの選択

Kobito.C1zLU1.png



1.2.4 STEP3. インスタンスの設定

Kobito.JO88Wh.png



1.2.5 STEP4. ストレージの追加

Kobito.iEcpWu.png



1.2.6 STEP5. タグの追加

Kobito.1pX4jS.png



1.2.7 STEP6. セキュリティグループの設定

Kobito.jAYVop.png



1.2.8 STEP7. 確認

これまでの設定を確認します。

Kobito.AqQHvZ.png


Launch後、以下の画面が表示されます。インスタンスにログインするために、sshキーを作成して保存しましょう。

Kobito.lLT0AC.png



2. g2.2xlargeへのログイン


2.1 サービスの選択


2.1.1 サービス一覧の画面

Kobito.lH6nKn.png



2.1.2 インスタンス一覧画面への遷移

EC2を選択します

Kobito.7CEoh4.png


Instancesを選択します

Kobito.PUCBdv.png



2.1.3 "ログインユーザ名" と "Pulic DNS" の確認

Kobito.6LpzP8.png


connectボタンをクリック後、下記画面が表示されます。

Kobito.Bvp9Er.png



2.2 インスタンスへのログイン

下記はMac, Linuxの手順です。Windowsの場合は、使用するターミナルに応じた操作をしてください。


2.2.1 接続先の設定

先ほどマネージメントコンソール上から作成し保存したキーを指定します。

DEST='<上記のコピー内容をここにペースト>'


2.2.2 ssh-keyの設定


保存したSSH-KEYのパスの設定

SSHKEY='/保存した/EC2のキーの/パスを指定します/ec2-key-virginia.pem'



パーミッションの変更

chmod 400 ${SSHKEY}



2.2.3 ssh login


変数の確認

cat << etx

UNAME_AND_DNS : ${DEST}
KEY :
${SSHKEY}

etx



g2.2xlargeのログイン

ssh -i ${SSHKEY} ${DEST}


以下のように聞かれたら "yes" としてください。


Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?


以下のように表示されればログイン成功です。


result

Welcome to Ubuntu 14.04.3 LTS (GNU/Linux 3.13.0-74-generic x86_64)

* Documentation: https://help.ubuntu.com/

System information as of Sun May 8 02:36:03 UTC 2016

System load: 0.08 Memory usage: 0% Processes: 123
Usage of /: 9.9% of 7.74GB Swap usage: 0% Users logged in: 0

Graph this data and manage this system at:
https://landscape.canonical.com/

Get cloud support with Ubuntu Advantage Cloud Guest:
http://www.ubuntu.com/business/services/cloud

0 packages can be updated.
0 updates are security updates.

The programs included with the Ubuntu system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Ubuntu comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by
applicable law.



このQiitaの情報は、おいらがプライベートで作っているもので、NVIDIAとは無関係です。個人責任でお試しください。インスタンス等の消し忘れ等ご注意ください。