Posted at

AndroidをKotlin+MVVM+Dagger2ではじめるための資料集

これからAndroidの新規プロジェクトを始めるなら、Kotlin+MVVM+Dagger2の構成がなんだか良さそうですね。

そんな感じで始めたときに、参考になった資料をまとめました。


対象


  • Kotlin、MVVM、Dagger2を使って開発を始めるための資料が欲しい

  • Kotlin、MVVM、Dagger2は使っているが、新規プロジェクトを作れるか不安


Android Architecture Component

Android Architecture Components 初級 ( MVVM + LiveData 編 ) - Qiita


build.gradleの記述

新しいプロジェクトを作るときは、build.gradle軸に利用するライブラリを検討しながら設計考えていくと、やりやすいことが多いです。

新しいものに触れる場合は、1つの記事だけ見るより、似た記事を比較しながら読むと理解が進みます。

ということで、build.gradleに何を書くかを解説した複数の記事を参考にしました。


Dagger2について

Dagger、よくわからんですよね。Daggerに関しては、言われるがままに使えばとりあえずは良い気がします。自分は使ってみたものの、全体の10%くらいしか理解できている気がしない。。

MVVM設計のAndroidArchitectureの上でDaggerを使うなら、下記記事を読んでおくと良さそうです。


LiveDataについて

LiveDataは最初、かなり得体の知れないものでしたが、実装していくとその便利さがわかってきます。なので、最初は以下の資料をみながら使ってみて、やりたいことをどのように実現すればよいのかを深堀りしてくのが良さそうです。