Help us understand the problem. What is going on with this article?

QVariantを便利に使おう

More than 3 years have passed since last update.

この記事は Qt Advent Calendar 2016 15日目の記事です。

QVariantはQtにおけるバリアント型のクラスです。
QString, QPointのようなQtの型から、int, double のようなプリミティブ型まで
多くの型を格納することができます。
また、void*, QObject*, QWidget*というポインタ型も扱えます。
そのため、多くの型に対応する必要がある場合などに役立ちます。

このクラスはQSettingsなどで活用する機会があるのですが、
直接扱う記事はQiitaになかったので書いてみました。

基本的な使い方

QVariantに値を格納するには以下のメソッドを使います。

  • コンストラクタ
  • QVariant::setValue(const T &)
  • QVariant::fromValue(const T &) [static]
void set_value()
{
    QString text("text");
    QVariant variant1(text); // constructor
    QVariant variant2;
    variant2.setValue(text); // QVariant::setValue()
    QVariant variant3 = QVariant::fromValue(text); // QVariant::fromValue() [static]
}

反対にQVariantから値を取り出すには以下のメソッドを使います。

  • toメソッド
  • QVariant::value()
void get_value()
{
    QVariant variant(QString("text"));
    QString text1 = variant.toString(); // to method
    QString text2 = variant.value<QString>(); // QVariant::value<T>()
}

具体的な使い方

QSettings を使う例がわかりやすいかと考えたのですが、
昨年のアドベントカレンダーに@taura_noさんのQSettingsでアプリケーションの設定を保存するという記事がありましたので、
他の一例としてQVariantMapを用いた方法を示します。

void getFileName(QVariantMap & map)
{
    QString caption = map["caption"].toString();
    QString fileName = QFileDialog::getOpenFileName(Q_NULLPTR, caption);
    map["fileName"] = QVariant::fromValue(fileName);
}

void func()
{
    QVariantMap map;
    QString caption("Let's select file!");
    map["caption"] = QVariant::fromValue(caption);
    getFileName(map);
    qDebug() << map["fileName"].toString();
}

上記のgetFileNameメソッドはファイル名を取得するメソッドですが、
引数にQVariantMapを渡すことで引数の変更に柔軟な対応ができるようにしています。

後にファイル名の取得方法が変更になった場合
必要に応じて呼び出し元と呼び出し先でQVariantMapのkey/valueを修正しますが、
getFileNameメソッドの引数は一切変更の必要が生じません。

尤も、保守の観点からは引数が明らかである方が望ましいです。
このような方法は自衛的なプログラミング方法として使うべきで、
引数の変更が容易にできないが、仕様の変更が考えられるなどの
限られたケースにおいて最小限で利用がよいでしょう。

dNaga392
投稿することは少ないです。気づいたことがありましたら、お気軽にご返信ください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした