Azure
ComputerVision
CognitiveServices

Intelligent KioskでAzure Cognitive Servicesのデモを触ってみる

MicroSoft StoreにIntelligent Kioskなるソフトがあって、簡単にCognitive Servicesのデモができるらしい。
前はgithubからcloneしてビルドしないと使えなかったけど、よりお手軽にできるのでやってみる。

やってみる

  1. MicroSoft StoreからIntelligent Kioskを入手
  2. 起動するとこんな画面が出ます。 image.png
  3. 左上のメニューからSETTINGSページを開き、Face APIやComputer Vision APIといった各APIのKeyを登録する。APi Keyは予め、AzureのCognitice Servicesで該当のServiceを作成しておく必要がある。(今回はComputer Vision API Keyを入力します。) image.png
  4. API Keyをセットできたら、左上メニューからDemosページを開き、今回はComputer Vision APIを利用するので、Vision API Explorerを選択します。(自転車のサムネのやつ) image.png
  5. Vision APIを使うページになるので、右上の地球マークから適当に画像を拾ってきます。それで実行します。 image.png
  6. すぐに画像解析結果が表示されます。写真上には、顔認識した範囲と性別、年齢、右側には、タグ(personである確率は100%とか)、説明(ベンチに座っている人である確率90%とか)、セレブリティ(著名人だったらその確率)、色、OCRが取れるみたいです。 image.png

というように、このDemosで選べるServiceについては簡単にお試しすることができそうです。
もう少し詳しく、どういう仕組みで動いてるのか、何がどう取得できるのか、は公式ドキュメントで調べる必要はありますが、こういうことができるという確認にはなりそうです。