Help us understand the problem. What is going on with this article?

HTMLってどうなの? JSそれぞれの立場

More than 3 years have passed since last update.

最近のJavaScript業界で「HTMLへの思い」を聞いてみました。

Artboard 1.png

Angular先生

HTMLはもっと出来る子さ。もっと進化できるはず、もっと頑張れよ!

React先輩

もうHTMLに期待するのは飽き飽きしたよ。すべてはJavaScriptでいいんだ、クールだろ?

Polymer君

HTMLは進化して帰ってきたよ! エッ、Safariッテナンデスカ?

このあたり、モダンブラウザ・ネイティブ世代のライブラリたちとの温度差があるようですね。少し、意見を聞いてみましょう。

Riot君

先生、僕たちゆとり世代なんで頑張りたくないです。というかHTMLは十分高機能だし。先輩には悪いけど、ビューはHTMLで書くのが自然ですね。(というか、先輩たちのHTMLアレルギーがナゾ)

vue.jsさん

私はわたしですから。あんまりいろいろやりすぎるのはクールじゃないし。HTMLはHTML、JavaScriptはJavaScript、これからもシンプルにありたいです。

Polymer君についてはどうなんでしょうか?

うん、Polymer君のことはもちろん応援してるよ。でも、すぐの話ってわけじゃないよね? 僕たちは、どちらかというと「今ある技術」に集中したいんだ。ブラウザは、実のところすでに扱いきれないほど高機能だからね。

ちなみに、Backbone爺さんからは「喝ッ」のひとことだけ頂きました。Emberおばさんは忙しいのかケータイが繋がりませんでした。あしからず。

補記

Angularは本当にHTMLを便利なものにしたかった、でもちょっと思いが強すぎて難しい面もあって、それを見ていたReactはHTMLから距離を置いていきます。Angularでの試行錯誤は、WebComponentを通じて間接的にPolymerに繋がります。そんなこんなの数年間に、ブラウザはいつの間にか総モダンブラウザ時代。

モダンブラウザしか考えていない「ゆとり世代」は、徐々に既存プロダクトに違和感を覚えて...、その結果が昨今のフレームワークありすぎの事態ですが、まあ選択肢が多いのは、本来、悪いことではないですね。

不毛と思っていても、みんな大好きフレームワーク論争ですが、論争の前の足場が違うことを確認すると、あんまり論争にならないものです。「寿命」や「負債」に尻込みするのも理解はできるし(共感はしない)、ちょっと分野が変われば業界標準なんてあってないようなもの。ソースを読んで、できればコミットしてみて、話はそれからです。

cognitom
下北沢オープンソースCafeのマスターで、図書館サービス「リブライズ」のデザイン担当。Riot.jsのコア開発者。
https://github.com/cognitom
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした