Help us understand the problem. What is going on with this article?

Sourcetrail(macOS版)をJavaコードで使ってみる

Sourcetrail

Sourcetrailがオープンソース化されました。
ソースコードの全体像と詳細を提供する検索エンジンです。
Home Page
Git

対象言語

  • C
  • C++
  • Java
  • Python

他の言語は「SourcetrailDB」ツールで拡張出来るようです。

インストール

Download Page

  • 使用したいOS・形式をダウンロードする 今回はmacOSのzip形式 「Sourcetrail_2019_4_61_macOS_64bit.zip」(2019/11/20時点最新)
  • ファイルを解凍する
    alt

  • Sourcetrail.appが実行ファイル
    Applicationフォルダに移動する、またはそのまま使用

実行

  • Sourcetrail.appを実行

使用(Java)

  • 起動画面
    alt

  • New Project選択

  • 必要事項入力

Sourcetrail Priject Name:プロジェク名
Example:ExampleJava
Sourcetrail Priject Location:Sourcetrailファイルを保存する場所
Example:/Users/shi-n/xyz/sourcetrail/

  • Add Source Group選択

JavaタブのEmpty Java Source Group選択
Next選択
alt

  • Java Version選択
    選択出来るのは10まで
    alt

  • Files & Directories to Indexにソースのトップフォルダを指定
    再起的にソースコードを検索してくれる
    「show files」で対象ファイルを確認出来ます
    alt

  • コンパイルするのに使用するClass Pathがあれば追加する
    alt

  • 最終確認してCreate選択
    alt

  • 設定に問題がなければStart Indexingダイアログが表示、Start選択
    alt

  • Start Indexingダイアログが表示されない場合、Javaパスがない等のエラーが表示されるため、解決する
    Javaパスがない場合は「PREFERENCES」メニューで設定画面表示
    「Java Path(64bit)」にlibjli.dylibのパスを設定
    Example:/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-10.0.2.jdk/Contents/Home/lib/jli/libjli.dylib

  • 実行結果を確認
    alt

今後やってみたいこと

  • 解析を色々確認
  • Windowsで動作
  • Swiftを対応してみる!?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした