Help us understand the problem. What is going on with this article?

GCP・AWS・Heroku の最低価格帯インスタンスの料金比較(2020年1月版)

はじめに

規模の小さい Web アプリケーション(CPU 1 コア・メモリ 1 GB 弱のサーバ 1 台で動作可能)を
動かすための環境として GCP・AWS・Heroku を検討したので、
各サービスごとの最低価格帯の料金をまとめてみました。(料金は 2020年1月3日現在のもの。)
Azure は今まで全く触ったことがないので検討に入れておらず…すみません…

料金比較表

主なサービスを月間料金の昇順でソートしてみました。

Service Instance (v)CPU RAM(GB) 時間料金(USD) 月間料金(USD) 月間料金概算 Region
Heroku free ?1 0.5 $0 2 0円 US
AWS t3a.nano 2 0.5 $0.0061 $4.392 480円 東京
GCP f1-micro 1 0.6 $0.0092 $4.70 520円 東京
AWS t3.nano 2 0.5 $0.0068 $4.896 540円 東京
AWS t2.nano 1 0.5 $0.0076 $5.472 600円 東京
Heroku Hobby ?1 0.5 $7 770円 US
AWS t3a.micro 2 1.0 $0.0122 $8.784 960円 東京
AWS t3.micro 2 1.0 $0.0136 $9.792 1070円 東京
AWS t2.micro 1 1.0 $0.0152 $10.944 1200円 東京
GCP g1-micro 1 1.70 $0.0322 $16.45 1800円 東京
AWS t3a.small 2 2.0 $0.0245 $17.568 1920円 東京
AWS t3.small 2 2.0 $0.0272 $19.584 2140円 東京
AWS t2.small 1 2.0 $0.0304 $21.888 2400円 東京
GCP n1マシンタイプ 1 1.0 $0.0460 3 $23.5249 4 2600円 東京
GCP n1-standard-1 1 3.75 $0.0610 $31.17 3500円 東京
Heroku Standard 1x ?1 0.5 $25 2750円 US
Heroku Standard 2x ?1 1.0 $50 5500円 US
GAE F1,B1 1 0.25 $0.07 $50.4 5600円 東京

注意事項・補足

  • 月間料金概算は、1ドル約110円として概算
  • 各料金は、各サービスの下記公式ページから抜粋
  • AWS の月間料金は、1時間料金 * 24 * 30 として算出
  • GCP の月間料金は、GCP の料金表より抜粋
    • 一定時間以上使用すると継続利用割引(最大 30 %)が適用される
  • 無料枠
    • GAE の Standard Environment では 1 日あたり 28 インスタンス時間の無料枠がある
    • GCE では 1 インスタンス
      • f1-micro、ただしリージョンは、オレゴン(us-west1)、アイオワ(us-central1)、サウスカロライナ(us-east1) に限られる
    • AWS は、無期限での無料利用枠は AWS Lambda のみ
      • 12ヶ月間限定では、750 時間 / 月の t2.micro (Linux、RHEL、または SLES) インスタンスが含まれる
  • AWS の「東京」は アジアパシフィック(東京) 、GCP の東京は 東京(asia-northeast1)
  • Heroku の US は North Virginia にあるらしい。公式ページ で Region を調べる方法の記載がある。
  • AWS の t3 と t3a の違いは、下記引用の通り、CPU が若干異なるだけとのこと。

T3a インスタンスは T3 インスタンスのバリアントであり、全コアターボのクロック速度が最大 2.5 GHz の AMD EPYC プロセッサを搭載しています。T3a インスタンスは、使用中に一時的なスパイクが生じる中程度の CPU 使用率を持つアプリケーション向けの Amazon EC2 コンピューティング環境で、10% のコスト削減を目指すお客様にとっての新たな選択肢となります。

AWS 公式の T3a 提供開始のお知らせ より引用

個人的な所感

Heroku はとても安いので、GCP の GAE も安いのではと思っていたところ
GCE に比較して全く安くないということがわかりました。
確かに、GAE はマシン自体の管理が必要ないという点で GCE と比較して
運用側のコストが抑えられるものの、Docker コンテナ等でサービスを運用するのであれば
GCE が最適かなーと思いました。

AWS は相変わらず安いですが、色々考えてプラットフォームは一つに絞りたいし、
GCP がいいかなーと考えています。

[参考] Heroku の各タイプの特徴

  • Free
    • スリープ状態への移行あり
    • カスタムドメインは使用可
    • プロセスタイプ数 〜2
  • Hobby
    • スリープ状態への移行なし
    • 高度なアプリケーション用に複数の WORKER を使用可
    • 10分毎のメトリクス
    • プロセスタイプ数 〜10
  • Standard
    • 手動スケール
    • 閾値によるアラート

  1. Heroku 上の CPU コア数は非公表。ただし StackOverflow には、調べた結果 4 コアまたは 8 コアだったという情報がある。 

  2. 1アカウントあたり合計 1000時間 / 月まで無料 

  3. (\$0.040618 / vCPU hour) + ($0.005419 / GB hour) として算出 

  4. (\$20.755798 / vCPU month) + ($2.769109 / GB month) として算出 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away