search
LoginSignup
15
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

MRTK 2.5 を Unity Package Manager を使って取り込む

日本時間 10/2(金) にリリースされた MRTK v2.5 から Unity Package Manager に対応しました。

今までは MRTK を、.unitypackage ファイルを GitHub から落としていましたが、今回から、Unity Package Manager を使うと以下のように簡単に (?) 取り込めます。

公式ドキュメント:https://microsoft.github.io/MixedRealityToolkit-Unity/Documentation/usingupm.html

手順

Unity 2019.4 ↑ 。

プロジェクトのフォルダーの Packages/manifest.json をテキストエディタで開きます。

image.png

この長い json ファイルの最初にこれを追記してください:

manifest.json
  "scopedRegistries": [
    {
      "name": "Microsoft Mixed Reality",
      "url": "https://pkgs.dev.azure.com/aipmr/MixedReality-Unity-Packages/_packaging/Unity-packages/npm/registry/",
      "scopes": [
        "com.microsoft.mixedreality",
        "com.microsoft.spatialaudio"
      ]
    }
  ],
  "dependencies": {
    "com.microsoft.mixedreality.toolkit.foundation": "2.5.0",
    "com.microsoft.mixedreality.toolkit.tools": "2.5.0",
    "com.microsoft.mixedreality.toolkit.examples": "2.5.0",

"scopedRegistries" のセクションと
"dependencies" に 3 行追加した形になります。

こんな感じになります:

image.png

保存すると Unity エディタのほうで Unity Package Manager が動きます

image.png

以下のように Packages の下に MRTK 関連のフォルダーが出来る。

image.png

  • Mixed Reality Toolkit Examples
  • Mixed Reality Toolkit Extensions
  • Mixed Reality Toolkit Foundation
  • Mixed Reality Toolkit Standard Assets
  • Mixed Reality Toolkit Tools

留意しておくべきこと

今回の MRTK v2.5 から Unity Package Manager 対応して、それで入れた場合。

今までは Assets フォルダに MRTK が入っていたけど
今回 Packages に入るから

これまで Assets/MRTK/SDK/Features/... みたいな path があったら

AssetsPackages (例:Packages/Mixed Reality Toolkit Foundation/SDK/...) に置き換えて読む感じになる

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
15
Help us understand the problem. What are the problem?