Help us understand the problem. What is going on with this article?

draw.ioでAWSのネットワーク構成図を作りたい。

awsを使ってシステム作るときのネットワーク設計書をdraw.ioを使用してつくる。

始め方は以下を参考にさせていただきました。
https://qiita.com/nave-m/items/68425f476b254a1a47b0

アイコンはedrawのアイコン一覧を参考にしました。
(設計書も今度はedrawで作ってみようかしら。)
https://www.edrawsoft.com/jp/aws-icons.php

成果物↓
(作図から滲み出る図の配置のセンスのなさ・・・悲しい。)
aws_network (2).jpg

良い点
1.ブラウザでできる。(macのofficeソフトが重たすぎる)
2.ithubと連携できる。
3.アイコンが豊富。
4.図を配置するときに、小さいマス単位で動かせるから、縦横が変にずれにくい。
5.上記の図くらいなら始めたばっかでも1時間かからないくらいで作れちゃう。

以下、更新履歴。(参照していただいてる方にはご迷惑おかけします。)
※2019/10/01 当初はプライベートネットワークにPostgreSQL用EC2インスタンスを作成し、インターネットからPostgreSQLをダウンロードするためのNATルーターを配置する予定だったが、RDSを採用したため図からNATルーターを削除。

※2019/09/28 RDSを作成する際に異なるアベイラビリティゾーンにスタンバイインスタンスを作成することが必須であったため、図を修正。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away