Help us understand the problem. What is going on with this article?

draw.ioでAWSのインフラ構成図を書く

このドキュメントについて

いつも自分がAWSインフラ構成図を書くときに使っているツールの紹介

利用ツール

https://www.draw.io/

  • オンラインで作図できる
  • AWS作図用のアイコンセットがある
  • 無料で使える
  • 保存先が色々選べる
    • ローカル保存の他にGitHubやGoogleDriveなどにも連携可能
  • 必要最低限の画像出力
    • PNG,PDF

なぜこのツールなのか

AWSの公式ページではPowerPoint用素材を配っているが、
自分のMacではOffice製品の実行速度が大変厳しいため。

ツールの使い方

新しくファイルを作る

https://www.draw.io/

上記にアクセスすると以下のダイアログが出る

DrawIO_CreateNewDiagram.png

「Create New Diagram」 をクリック

左側のテンプレートメニューの 「Cloud」を選択

DrawIO_AWS.png

AWSの公式ドキュメントでよく見るアイコンのテンプレートがあるので、それを選択して、「Create」ボタンをクリック

すると、以下のようにAWSのアイコンセットが使える状態の図が作られる

DrawIO_AWS_Default.png

あとは自分の好きなように構成を書いていく。

ファイル保存

「File」メニューの 「Save」をクリックし、
xmlファイルをダンロードする。

再開

DrawIO_CreateNewDiagram.png

この画面で 「Open Existing Diagram」 をクリックし、
xmlファイルをアップロードする。

画像出力

「File」メニューの 「Export as」 で出力したフォーマットを選ぶ。

作図例

慣れれば以下のような図であれば1時間以内で書ける。
(この記事を書いたのが2017年なのでアイコンセットが古いです)

InfraDiagram.png

yumemi
みんなが知ってるあのサービス、実はゆめみが作ってます。スマホアプリ/Webサービスの企画・UX/UI設計、開発運用。Swift, Kotlin, PHP, Vue.js, React.js, Node.js, AWS等エンジニア・クリエイターの会社です。Twitterで情報配信中https://twitter.com/yumemiinc
http://www.yumemi.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした