Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android Studioでファイル保存時にコードを最適化したい

More than 5 years have passed since last update.

保存時にOptimizationImportsとReformatCodeを行う方法を説明します。保存時にこれを行わないと不要なimportがコミットに含まれたりしてイラッ☆としますよね。

結論から言うとマクロ作ってCmd+Sのショートカットにマクロを割り当てるだけです!

環境

  • Android Studio 0.5.2
  • Mac OS X 10.9.3

方法

マクロをスタート

Edit => Macros => Start Macro Recording

OptimizationImportsとReformatCodeを記録

  • Optimization Imports
Code => Optimization Imports
  • 初回は現在のファイルかディレクトリ内の全てのファイルに適用するかどうかのダイアログが出てきます。全てのファイルにチェックをして、次からダイアログを表示しないにチェックを入れれば良いかと思います。

  • Reformat Code

Code => Reformat Code

ファイルを保存

File => Save All

マクロを終了

Edit => Macros => Stop Macro Recording
  • マクロにお好きな名前をつけて下さい。私は「OptimizationImportsAndReformatCodeOnSave」って付けました。(そのまんま)

Cmd+Sマクロに置き換え

Android Studio => Preferences => Keymap
  • 各コマンドのショートカットが出てきます。 Macros の中に先ほど作ったマクロ、私の場合ですとOptimizationImportsAndReformatCodeOnSaveがあります。
  • OptimizationImportsAndReformatCodeOnSaveをダブルクリックして下さい。
  • 以下のようなダイアログが出るのでAdd Keyboard Shortcut を選択して下さい。

スクリーンショット 2014-06-29 1.45.06.png

  • First Stroke にCmd+Sを割り当ててOKを選択して下さい。

スクリーンショット 2014-06-29 1.47.31.png

以上です。これで保存時にOptimizationImportsとReformatCodeされるようになりました。

参考↓↓↓
http://stackoverflow.com/questions/946993/intellij-reformat-on-file-save

chocomelon
Androidの投稿多め。難しいことはわかりません。 よくインターネットの人にディスられます_(:3」∠)_
https://twitter.com/__chocomelon
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした