0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Rails Tutorial の後に何をする?

前置き

※前回の投稿後( Rails Tutorialを終えて)の経過記録になります。

本文

前記事で設定した課題であるDocker, MySQLを利用した環境を構築し、Rails Tutorialを作り直しました。docker関連のコマンドが自然と身につきました。 環境構築のテンプレートとして【Rails6】Docker+Rails6+puma+nginx+mysql【環境構築*初心者必見】の記事を利用しました。 また、開発を進める中でgitコマンドの理解を深められたことで、間違えても修正できるという安心感に結びつきました。

課題(短期)

  • 完成したRails TutorialのCSSをいじることでCSSの仕様に慣れる。
  • 気になるGem(devise, kaminariなど)を実装してみる。
  • テストフレームワークをRspecに置き換える。
  • AWS環境の予備知識を付ける。参考図書:「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」

課題(長期)

  • CI/CDに意識を向ける。
  • 他の未経験エンジニアのポートフォリオを分析する。
  • インターンで必要な競プロ知識に目を向ける。

所感

マイペースになりすぎずに、なる早でポートフォリオを完成させたい。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?