Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jupyter環境で.envを環境変数としてロードする方法

More than 1 year has passed since last update.

要点

やりたいこと

Jupyter環境下で、.envファイルの内容を、環境変数として、できるだけシンプルなコードでロードしたい。

実現方法

1.python-dotenvのインストール

# pipやpipenvなどお好みのツールで
pipenv install python-dotenv

2.ディレクトリ内に.envファイルを設置

#.envの例
DATA_ROOT=./data

3.Notebook内で、.envを読み込み、環境変数としてロードする

%load_ext dotenv
%dotenv

#環境変数として読み出し
DATA_ROOT = os.environ.get('DATA_ROOT')

背景など

Git等を用いて、他人とコードを共有しつつ作業を進める場合、API_KEYといった秘密にすべき情報やPATHのような自身の環境依存的な情報は、共通リポジトリには含めるべきでないとされています。そのやり方の一つとして、このような情報をまとめて.envファイルに記述し、.gitignore.envを指定してバージョンコントロールから除外するやり方があります。
.envに記述された変数情報は、例えばpipenvを使用している場合、仮想環境の構築と同時に環境変数として自動でロードされます。しかし、Jupyter実行時には.envの変数情報は自動ではロードされません。今回は、python-dotenvというPackageを用いることで、Jupyter実行環境中に.envの情報をできるだけシンプルなコードでロードしました。

Reference

python-dotenv:Github

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした