CMake
CentOS6.x
rpm
CPack

CMakeなんてCPackでRPM化してしまえ!

CPack のことをずっと無視してたんですが、じつはこれ、CMakeプロジェクトをパッケージ化するのに超便利なんですよね! というワケで、CMake自身をCPackでパッケージ化してしまいます。

CMake ビルドディレクトリでビルド完了したら以下のコマンドで一発!

$ cpack -G RPM CPackConfig.cmake

今回は私が主に使用しているのがCentOS6なのでRPMを作成していますが、deb等他のパッケージも同様にイケるんではないでしょうか。

11251984 Jan 14 17:42 cmake-3.9.6-Linux-x86_64.rpm

こんな感じにパッケージができあがるのであとはrpm -iでインストールしてしまえます。

CMakeLists.txt を編集した際にはcmake .で再コンフィグしないとCPackConfig.cmakeが更新されないので、それだけは気をつけてください。

次回はいよいよClang,libc++などをパッケージ化してしまいます。じつはいま調整中で、もうちょっとこねくり回せたら表に出せるとおもいます。